スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年4月28日

2006.04.29.04:04

気がつけば今日で四月の通園日も最後。
ちびラ~ずの幼稚園生活も三週間が過ぎようとしています。
毎日楽しく通園…してくれていると思っていたのですが、今朝、マンションを出た途端、あーちゃがいつもと違う方向に曲がろうとしてビックリ。
そっちは公園に行く方向だよあーちゃ、バスに乗って幼稚園に行くんじゃないの?
何度か幼稚園のバスに乗る事を説明して、やっといつも行く方へ走り出したあーちゃ。
ほっと胸をなで下ろしたのも束の間、今度はバスが来てみんなが乗り込もうとしていた時に、お兄ちゃんのしんや君が「あーちゃ、先にバスに乗りな」って声かけてくれたのにバスから離れようとする。
私が「あーちゃ、幼稚園に行くんだよ」と言った返事に「行かない」とつぶやきドッキリ。
バスに乗り込んでいた先生にも聞こえたらしく、「えっ、(幼稚園)行かないの?バス乗らないの?」と言ったら今度は「乗るぅ~!」と叫んでサッサとバスに乗り込む。
何なんだ、一体。
バスを見送り、手を振りながら、母の頭の中は?だらけだよ。
スポンサーサイト

2006年4月27日

2006.04.27.16:22


まずは私の失敗談から。
夜は大抵疲れているせいで、ちびラと一緒に寝てしまうのだけど、やはり寝る時間が早い分、明け方に起きてしまうこともある。
今朝もたまたま4時過ぎに目が覚めたので、雑用などをして過ごしていたが、5時40分頃ハタと気がついた。

ごはん、ない・・・。

普段、夕飯のご飯を炊く時に翌日のお弁当の分を考えて多めに炊くのだけれど、昨日の夕飯はたまたま残りご飯が多くて、それを優先させて使っていたので、ご飯を炊いていなかった。
慌ててスピード炊飯にセットして一安心、と思っている時に限って、ぴーちゃが起きて来たりする。
寝ないだろうけど、一応ベッドに連れて行ったら、あーちゃまで起きていた、私よっぽど焦っていたんだろうか?
いつもより早いので、お弁当のおかずを作っている間、ちびラ~ずにはリビングで遊んでいてもらって、おかずの目処がついてからお揃い服にお着替え。
今日も元気に朝の仕度をするけど、お天気は良くない。
鼻風邪も治まらないし、若干寒いこともあるので、今日はカーディガンを着せ、雨も降っているのでカッパと長靴のフル装備。
幼稚園で購入したお揃いのカッパは、リュック型の通園カバンを背負ったままで着る事ができるタイプなので、カッパを着せる時にはいつも「アヒルイエローに変身だ!」と言う事にしている。
するとちびラは「あひるぅ~」とはしゃぎ出す。

お昼までには雨も上がり、お迎えに行く時には薄日も差していたのでカッパは通園カバンにしまわれて帰ってきた。
いつものようにお友達とバイバイして帰ろうとした時、なぜかあーちゃの表情が冴えない。
バイバイもちょっとおざなりな感じがしながら歩き出し、いつも帰る道に咲いているお花にも興味が薄いような感じすらある。
家に着くと、なんとぴーちゃの履いている長靴に他の子の名前が。
間違えて履いて来てしまったらしい。
よく見ると同じ黄色で、くまのプーさんのワンポイントなのも一緒だけど、ワンポイントの柄が違うもの。
これじゃあ先生も間違えちゃうだろうな。
おやつに用意していた菓子パンを食べているうちに、あーちゃのボーっとしている理由が判ってきた、半分寝てる。
パンはほとんど食べているんだけど、椅子に座ったままうつらうつらしているので、寝てしまう前に着替えだけでもさせようと思ったら、その後は眠気が覚めたようで逆に元気になって、結局昼寝をしたのは帰ってから一時間半ぐらい過ぎてからだった。
その間に幼稚園から電話があり、長靴を間違えたので明日ぴーちゃに持たせて下さいとの事だった。

カバンの中を確認すると、今日は四月の取りまとめということで、先生からの報告メモが入っていた。
このメモが入ってくるのが楽しみで、今度は何が書かれているかなと期待もしている。
先生から見た普段のちびラ~ずは、普段の姿とはまた違うんだろうなぁ。

~担任の先生の報告メモ~
『“おかあさんといっしょ”(学級懇親会)に向けてプレゼント作りを行った時の事です。
下地になる画用紙を4色ある中から選び、その上に様々な色が混じった小さなハートの画用紙を“パラパラ”とふりかけました。
私(先生)がまず皆の前で行うと「わぁ!」「パラパラ?」と目を輝かせていました。一人ひとり行っていくと「パラパラ」と言いながら笑顔で行い、出来上がったものを皆に見せると「わぁ、きれい!」ととてもうれしそうな表情で言っていたあーちゃです。』

『お弁当を食べていた時のことです。
「美味しいね」「モグモグ上手だね」と保育者が声を掛け楽しくお弁当を食べました。
そして、お弁当を食べ終わるとぴーちゃは「クルクル」とつぶやきながら、フォークをナフキンに包み、お片付けをすることが出来ました。
その後も、手を胸にして「ごちそうさまでした」をして、楽しく、美味しいお弁当の時間を過ごしました。』

2006年4月26日

2006.04.26.09:50

やっと晴れて暖かくなったせいか、目覚ましが鳴るより前に起きてきたのに、ぴーちゃはなぜか機嫌が悪い。
朝から着替えはしたくないし、幼稚園に行く仕度もしないという。
何とか機嫌を取って玄関を出ると、良い天気にコロリと気分が変わってしまったみたい。
バス停に行くと、丁度お散歩に行くビーグル犬を連れたおばさんに声をかけられ、しばらく立ち話。
わんこはお散歩お預けにもかかわらず、大人しく待っているし、ちびラ~ずが気になるようでクンクン匂いを嗅ごうとしている。
家にはもう13歳になる猫がいるので動物自体には遠慮がないちびラも、わんこは慣れていないものだから、ちょっと腰が引けて、あーちゃなど「こわい~」と小声で言っている。
わんこにバイバイすると、すぐにバスが来た。
珍しくバスのスケジュールが早かったようで、少し停車してみんなが来るのを待っていた。
あーちゃもぴーちゃも、もうすっかり慣れたものでバスの中から張り切って手を振っている。

昼のお迎えでバス停に行くと、しょうた君のママが「今日一人で海のそばの公園に行って一時間ぐらいボーっとしちゃった」と話してくれた。
そうそう、私も同じで、今まで忙しく育児に立ち向かっていたものだから、子供がいない生活に慣れてないというか、一人で過ごす時間の使い方を忘れてしまったところがあって、雑用は色々あるはずなのに何をするでもなくただボーっと過ごしてしまう。
子供はもう幼稚園にも慣れてきて、毎日楽しく通っているのに、親のほうが慣れることが出来ずにいたりする。
バスから降りたちびラ~ずは、珍しくぐずる事もなく家まで戻ってきた。
何しろ今日、マンションの管理人さんにも「いつも一人泣いてるね、どうしちゃったの?」と聞かれたくらい大騒ぎのぴーちゃが、大人しく素直に家までたどり着いた。
と思ったのもつかの間、手を洗おうという私の言葉を無視し、リビングに寝そべったまま動かない。
おやつで釣って、何とか手を洗うことが出来た。
やっぱり、どこかに落とし穴があると思っていたよ。

昨日雨だったせいか「幼稚園文庫」の本を持って帰って来ないなぁと思っていたら、今日本を持って帰ってきた。
あーちゃの本は「ひこうき」、ぴーちゃは「ノンタン ブランコかして」だった。
あーちゃは表紙の飛行機の絵が気に入っただけらしく、本を読み始めるとあまり興味はなさそうだった。
むしろぴーちゃの「ノンタン」のほうが二人揃って気に入ったみたいで、楽しそうに見ていた。
こういう場合は双子はオトクね、二冊の本が読めるから。

2006年4月25日

2006.04.26.01:58

朝食も終わり、いつものように登園準備時間まで少し遊んで、さて家を出る準備をする時間になったと思い外を見たら・・・雨が降っていた。
大慌てでカッパの仕度をし、遊びながら準備をするチビラ~ずを叱咤しながら急いでバス停まで向かう。
確かに天気予報では不安定な天気とは言っていたし、でも昨日ほどじゃないにしろ寒くなるわけじゃないって言っていたから、急いでいたこともあってカーディガンは着せずに送り出した。
ところが、昼のお迎え時間になった途端、雨が降り出すってのはどういう事?
おまけに雷までなる始末。
雨は強くなるし、風は出てくるしでもう嵐のよう。
雨で遅れたバスから子供たちが降りてくると、さよならもそこそこに家へと向かう。
なのにどうしてこういう時に限って甘えてわがままになるのかな、ぴーちゃ?
マンションのエントランスで拗ねて座り込もうとするところを無理やりエレベーターに乗せ、エレベーターで寝っころがろうとするのを強引に立たせ、家の中まで泣きながら付いてきたぴーちゃ。
カッパや靴を脱がせるのも一苦労で、やっと家に上がれる状態になったところで、玄関でずーっと怒って泣いていた。
こういう時、あーちゃはとても聞き分けの良い子になって、手を洗い口を漱ぎ、おやつに出されたドーナツとジュースを食べている。
玄関で泣いていたぴーちゃは、気が付くと廊下に寝そべり、寝返りながら泣き続けている。
可哀想だと思う反面、ここで助け起こしたりすると甘えてもいいと認めることになってしまうので、グッと堪えて落ち着くまで待つ。
するとリビングまで来て、一人おやつを平然と食べているあーちゃも気に食わないらしく、自分にはドーナツもジュースもないと訴え出す。
ここで、手を洗わないとおやつはない事を言い聞かせ、それでもごねるので「じゃああなたの好きなようにしなさい。その代わり手を洗わなければドーナツは出てこないよ」と言うとしぶしぶ洗面所に向かった。
手を洗っているうちに楽しくなってきたのか、再びリビングに戻ってきた時は、さっきとは変わって上機嫌。
ジュースはリンゴじゃなくてミカンにしてくれとアピールするくらい元気になっている、何だったのこれ?

予想はしていたけど、幼稚園から帰ってからの我儘っぷりは、相手をしていると結構疲れる。
特に今日はちびラ~ずの風邪がうつってしまったらしく、熱と喉の痛みで母も辛いのだ!

2006年4月24日

2006.04.26.01:26

夜半から降りだした雨のせいで思っていたより寒い朝、天気予報で暖かくなるのは判っていたけど、鼻も垂らしているしと思ってカーディガンを着せてから出かけた。
案の定、帰って来た時は通園カバンの中にカーディガンは入っていた。
だって20℃以上あったんだもの。
ちびラ~ずも幼稚園には随分と慣れてきたようで、やっと手にティッシュやハンカチを握らずに通えるようになって来た。
朝のバス停では、他の保護者の人たちにも(たまに通学途中の見知らぬ小学生にも)行ってきますの「バイバ~イ!」を元気に叫び、帰って来た時にはお友達にも大きな声で「バイバイ」と家に帰れるようになった。
でもさすがに体力的には疲れるようで、家に着く前から機嫌が悪くなったり、おやつを食べると30分もしないうちに寝てしまい、昼寝が3時間ぐらいになってしまう事もしばしば。
元々良く寝る子たちで、昼寝もほぼ2時間しっかり寝るほうだったけど、やはり今まで外遊びをあまりしてやれなかったせいで、体力がある方とは言えないんだろうなぁ。
GWが終わるまでは降園時間が短縮されているが、5月に入ると家に帰ってくる時間は1時間遅くなる。
がんばれ!ちびラ~ず。

というのも、今日は幼稚園からの印刷物「5月の予定表」と「学級懇親会」のお知らせを持って帰ってきていたのだ。
本来、この幼稚園では保護者の保育参観が行われるのだけれど、今はまだ子供たちも幼稚園に慣れることに精一杯。
そこで保育参観は6月までは行われず、その代わりの先生からのお手紙なのだそうだ。
それに5月の半ばには“おかあさんといっしょ”の「学級懇親会」があり、保護者参加の保育体験会がある。
いよいよ本格的に行事やら、体験などが始まるようなので、親のほうも気を引き締めてかからなくては。

2006年4月22・23日

2006.04.23.00:39

休みの日だけど今朝はちょっと慌しい。
2歳6ヶ月歯科検診を受ける為の予約をしてあって、朝イチからのお出かけなのだ。
家から歯医者さんまで、一番近いルートで歩けば5分ぐらいなんだけど、その道の真ん中に大きな公園があって、当然ちびラ~ずはその公園の遊具に向かって一直線!になってしまうので、大回りに廻って行かなければいけない。
歯医者さんに行くと、衛生士のお姉さんの「さ~、カバさんのお口が出来るかなぁ~」と言う言葉を意地でも聴かないようにしている2人。
元々この歯医者さんは、私が1年半に渡って治療をしてもらっていたところなので、先生もスタッフの皆さんも顔見知り。
歯医者さんを怖く印象付けないようにと気を使ってくれている先生に思わず「やっちゃって下さい!」とお願い、少々泣き叫んだけど、無事検診を終わらせ、虫歯もない事を確認しました。

その後、同じマンションに住む幼稚園のおともだちのお家にお呼ばれ。
一緒に遊ぶ…とまでは行かなかったけど、見慣れない男の子のおもちゃが珍しかったようで、ちびラ~ずはそれなりに楽しげ。
ママとは情報交換をしたりするも、話が弾み始めると子供たちが何か起こすので、ゆっくりお話っていう訳にはいかないなぁ。
今度、子供たちが幼稚園に行ってる間に遊びに来てね。

2006年4月21日

2006.04.21.09:23

晴れ間が広がっていたので安心して外に出たら、意外と風が冷たいことが判って、急いでセーターを着せた。
ここ数日暖かい日が続いていたこともあって、長袖ブラウスとベストで通園させていたんだけど、うちは海際で風が強いこともあって、セーターの出番はまだまだあるみたい。
帰って来た時あーちゃは着たまま、ぴーちゃは手提げカバンにセーターが入っていました。
あーちゃは自分の物が取られる事が嫌いだし、ぴーちゃはうっとうしいのが嫌い、当然の結果だね。
手提げカバンの中には、他にもスモックと上履きが。
きれいに洗って、また月曜日に持って行こう。

家に帰ってお便りファイルを見てみると、見慣れないものが。
何だろうと思って開けて見たら、「全日本私立幼稚園PTA連合会」のPTAしんぶん。
何より驚いたのが、その連合会会長の元総理大臣の森 喜朗氏の記事。
はぁ~、こういう事もやってるんだね、議員さんって。
新聞自体は、やはり今までまるで知らない世界だったから、女優さんのインタビュー記事や、全国の保護者のお話、子供ならではの言動の面白い投稿など、じっくり読むと面白い。

夕方にぴーちゃの担任の先生から電話があった。
実はこの日、ぴーちゃは夜中に鼻をほじっていて鼻血を出していたらしく、朝、右の鼻の穴に固まった血が大量にこびり付いていて驚いたのだ。
親が驚くくらいだから、幼稚園で鼻血まじりの鼻水が出たら先生も驚くだろうと思い、お手紙を持たせていた。
先生からは、その後鼻血自体は治まっていたこと、特に気にする様子もなかったという事だった。
「ところで、ぴーちゃはお歌が好きなようですね。」と言われたので、ここぞとばかりに「歌だけではなく、歌にあわせて踊ったりするのも大好きなんです」とアピール。
すると先生が「そうですね、音楽をかけるとそれに合わせてよく踊っていますよ」と言っていた。
うちのチビラ~ず、特にぴーちゃは本当にうたっておどろんぱな子供なのだ!

今週も担任の先生からの報告メモがあったので、チビラ~ずの園生活を覗いてみます。
~担任の先生の報告メモより~
『粘土遊びを行った時の事です。私(先生)が粘土を見せると「何これ?」と興味を持って言っていました。
まだ少し固い粘土ですが、両手を使い不思議そうな表情を浮かべながらも、平らにしたり、握ったりして遊び始めました。
私(先生)が粘土を丸め「おだんごみたいですね、どうぞ。」と手渡すと「おだんご?」と嬉しそうに言い、いくつか並べて楽しんでいたあーちゃです。』

『手遊びをしている時のことです。
“むすんでひらいて”や“ひげじいさん”などをして遊ぶと、ぴーちゃは楽しそうな笑顔を浮かべていました。
そして“むすんでひらいて”の曲で、手を上にして“ウサギ”に変身すると、リズムに合わせてピョンピョンと跳んで、「ウサギ」とつぶやいていました。
その後も“車”や“飛行機”に変身して、楽しく遊びました。』

2006年4月20日

2006.04.20.12:29

朝起きた時は止んでいた雨が、玄関を出た途端降りはじめ、マンションのエントランスを出ようとした時にザァーっと音を立てて降りだす。
あわててマンションに戻って見ていると、本当に一瞬強くなっただけでまた止みかけている。
これは急いでバス停まで行ってしまえば駐車場の屋根があるから何とかなるだろうと思い、歩いていたら今度は陽まで射してくる。
今日は「幼稚園文庫」の返却日だったから、手提げ袋まで持って子供にとっては大荷物だから、天気が悪いのは困るんです。
昨日もそうだったんだけど、ぴーちゃはバスに乗る時になぜか「まっててね~」と言って乗り込むので、朝のお見送りをしているお兄ちゃんたちのパパの笑いを誘っている。

お昼までには雨が上がればいいなと思っていたけど、買い物に出たときにも降ったり止んだりだったし、お迎えに行くころには余計に振り出していた。
カッパの準備をしてからバス停まで行くと、また雨は止んできた。
ちびラ~ずはバスの中のお友達やバス停のお友達にバイバイ出来るようになって来た。

2006年4月19日

2006.04.19.09:06

ブログの記事を書くのに夢中になってて、私用のアラームを切っておくのを忘れたせいで、朝6時に起きてしまったちびラ~ず、ごめんよぉ。
お弁当の用意をして、朝ご飯を食べ終わったのが7時、いつもより30分も早く終わってしまった。
バス停まで行くと、今日はお兄ちゃんたちもしょうた君も来たので、ちびラたちも大喜び。
しょうた君は風邪をひいて熱も出ていたらしく、大変だったみたい。
風邪が流行っているようです、皆さんもお気をつけて。

昨日から帰り道を若干変えてみました。
今までは消防局合同庁舎に沿って歩いていたんです、つつじの花壇もあるしと思って。
そうすると、必ずと言っていいほど大騒ぎになっていました。
それでその建物の裏手の路地を歩いてみると、あら不思議、まるで騒がず家までたどり着けた。
もちろん家の中に入れば甘えて大騒ぎになるんですけど、外で寝転がられることを考えたらぜんぜん良いでしょ。
おやつ兼昼食は「おからドーナツ」。
近くのデパートで開催している東北物産展で買った、福島県・玉梨豆腐茶園の青大豆おからのドーナツ、美味しかったです。

ところでお風呂に入っていたときの事。
ぴーちゃの体を洗ってやっていると、浴室の鏡を見たぴーちゃが「あ、あちゃ」。
いやいや、これ、君(ぴーちゃ)だから。

2006年4月18日

2006.04.19.06:00

今朝はバス停にちびラ達だけ。
そういえば、昨日しょうた君は風邪気味だって言ってたし、お兄ちゃんたちのママが風邪ひいたからってお迎えの時にマスクしてたっけ。
ここのところの寒さと、慣れない集団生活が始まったばかりで、風邪をひく人が多いんだろうな。
うちのちびラも鼻風邪だけだけど、週末はあーちゃからぴーちゃにうつっていたもの。

今日は幼稚園の保護者会があるから、朝からゆっくりしていられない。早めの洗濯をしてから保護者会へ。
幼稚園のホールで行われる為、すぐ隣にある年少さんクラスの子供達は気もそぞろ。
だって朝別れたばっかりのお母さん達がすぐそこに来てるんだから。
中にはお母さんに会いたさに泣き出す子も出てくる。
私は新参者だからと思って後ろのほうの席に座ったんだけど、失敗した!
後ろのほうに座ってるお母さん達、先生方のお話中でもお喋りペチャクチャ。
先生方マイク使って話してるのに良く聞こえないこともあるくらい。
昨今、小学校の学級崩壊なんて言われてるけど、親がこれなら当たり前の事なのかもね。
園長先生なんて、お風邪を召しているらしく枯れた声で一生懸命お話して下さっているのに、それでも子供達の情報交換のほうが大事かい!と思ってしまいました。
今度から、遠慮しないで前の方にに座ろう。

家に帰ってきてから通園カバンを開くと、絵本が一冊。
これは幼稚園の行事の一環で、毎週一冊絵本を借りて二日後に返すという「幼稚園文庫」。
一人ひとり「幼稚園文庫カード」というノートがあり、そのノートに借りた本やコメントを寄せるというもの。
これがぴーちゃは「にんじん」を借りてきて、あーちゃは「ちいさいうさこちゃん」を借りてきた。
でもねあーちゃ、「ちいさいうさこちゃん」はおうちにもあるご本だよ、いいんだけどね、別に。
お弁当はあーちゃは完食だけど、ぴーちゃはおかずを全然食べていなかった。
ぴーちゃは本当に好き嫌いが激しくて、嫌となるととことん食べない子だから仕方ないけど、もうちょっと頑張ろうね。

2006年4月17日

2006.04.19.05:38

なぜか朝6時前にぴーちゃが起きだし、そのままダラダラ過ごしていた。
私は今日からお弁当作り、ぴーちゃが不思議そうに見ている。
ぴーちゃが着替えてからあーちゃを起こし、着替え終わってからお弁当を見せてあげる。
ところがこれがちょっとした失敗。
お弁当を見た途端、あーちゃはこれを家で食べるものだとばかり思っていたらしく、朝ご飯を拒絶し、カバンにしまおうとしたお弁当箱を「出せ~」と大騒ぎ。
何とか幼稚園でお弁当を食べるということを納得させて、朝ご飯を食べる。
ところが今度はいつまでもご飯を食べているので、出かける時間になっても行かないと言う。
今日幼稚園でお弁当を食べるなら、幼稚園に行かないとね!と言うことで解ってもらえたらしく、いそいそと仕度を始めた。
バス停に行っても終始ご機嫌、バスにもウキウキと乗り込む2人。
しょうた君のママに「今日は素直に(バスに)乗ったね~」と言われたけど、まさかお弁当目当てですとは言えないよね、トホホ。

お迎えの時は機嫌が良く、お兄ちゃんたちやお友達とも「バイバイ」なんてしていたのに、なぜかいつもと同じところで駄々をこねだす。
今日のぴーちゃは本当にひどく泣き叫び、落ち着きも無い。
家に帰ってからもその調子で、夜寝るまでそれが続いた。
ただ驚いたのは、お昼寝の時間がずれてきたこと。
先週はお昼を食べるとすぐに寝てしまうか、お昼もそこそこに寝てしまうパターンだったのに、今日はお昼ご飯の後、いつまでも遊んでいる。
さすがにあまりの不機嫌さに困って寝かしつけてしまったけど、子供の順応性には本当にびっくりする。

2006年4月15・16日~週末のちびラ

2006.04.16.00:46

さすがに最初の一週間は疲れたろうと思い、土曜日の朝はあえて起こさないようにしたけれど、7時半には起床、意外と早い。
疲れが出たのは私も同じ、3人でダラダラと過ごすが、やっぱり二人は機嫌が悪い。
日中買い物にでも連れ出そうかとも思っていたけど、ここはあきらめることにする。
お昼ご飯も幼稚園で11時半ごろ食べるから、そのリズムに慣れてしまったのか、午前中のおやつだけでは足りなさそう。
昼寝をしても、普段なら2時間ぐらいは寝るのに、今日は1時間ぐらいで、やっぱり日中に体を動かすって大事なことなんだなぁと認識させられる。
お風呂はお休みしようかと思っていたけれど、ぴーちゃも鼻水ズルズルになってきたし、湯船に浸かるだけにして体を温める。
夜はやっぱりすぐに寝てしまった、楽ぅ~助かるぅ~~。

日曜日の朝は翌日の事があるので7時に起床。
普段6時45分起床だからと思って、リズムはあまり崩さないように心がける。
今日も不機嫌はあまり変わらない。
何かと言うとすぐに抱っこを要求するし、それを断ると床に寝転がって泣いて大騒ぎと、自分も熱があるのでなかなか従ってもいられない。
いつもよりしっかりおやつを食べたら、少し気分が落ち着いたのか二人で遊びだしてくれた。
これ幸いと少し横になっていたら、いつの間にか少し寝てしまったらしい、気が付くとあたりが真っ暗???うわ~!と驚いて起き出すと時間にしては1時間ぐらいしか経っていなかったけれど、部屋の引き違い戸がちびラたちによって閉められてあった。
これは母をゆっくり寝かそうと思ってくれたのか?それとも単なるイタズラか?
明日からまた幼稚園に行くという気分を盛り上げようと歯磨き・タイムに幼稚園のHPを見せて見ると「(通園)カバーン!」とか「(送迎)バス~」なんて言い出し、目を輝かせて見ている、シメシメ。
ところが夜ベッドに入ってからなかなか寝ない。
やっぱりこの二日間、疲れを癒そうと思って家の中での遊びしかしなかったからかなぁ、今度からは日曜日は少し出かけようと思う。

今週末はあーちゃ、ぴーちゃとも「チューリップ」の歌をよく歌い、ぴーちゃなんかは振り付けまでしていたから、たぶん幼稚園で教わったのかな?
日曜日の午後になってから、ぴーちゃは手遊び「とんとんとんとん ひげじいさん」の幼稚園バージョン「とんとんとんとんアンパンマン」を披露してくれた。
これはものすごく成長している。
何故なら今まで幼稚園のお遊び会で何度もやっていたにもかかわらず、うちの子達はず~~っと部屋の中を駆け回っているだけで、手遊び歌などは無視に近かったから。
ちびラ~ずのできる手遊びと言うと、「げんこつ山のたぬきさん」と「いとまき」だけだったんだから!
でもなぜ日曜のしかも午後になるまで一度も出なかったんだろう?

2006年4月14日

2006.04.16.00:44

今朝はあーちゃがゴネゴネ。
着替えはしたくない、幼稚園にも行かないと言い出す始末。
鼻水も止まる気配が無い。
何とか着替えさせてバス停に行くと、バスが来た途端泣き出した。
それに比べてぴーちゃはノリノリ。
着替えもスムーズ、出かける仕度も素早く、自分からバスに乗ろうとするぐらい。
泣き叫ぶあーちゃとご機嫌なぴーちゃを乗せてバスは出発して行きました。

そー言えばあーちゃは起きる30分も前に「おかしゃんは?」「ぴーは?」と言って起き出していたから、幼稚園にいる間中不安なのねぇ。
今までずーっと一緒だったのに、急に一人で遊ばなきゃいけないし、あーちゃはそういうのがすごく苦手。
親がいると強気だけど、一人だと弱気な寂しがり屋さんだから。

昼過ぎ、お迎えに行くと朝とは打って変わって2人ともニコニコ顔。
相変わらず家まで帰る途中での「抱っこ~!」攻撃は変わらないけど、結局あーちゃは歩いて、ぴーちゃは抱っこで家まで帰り、お昼ご飯の干瓢巻といなりずしも少し食べてお昼寝に。
今日は色々持ち帰りのものがあって、スモックやら上履きやらカバンが重かったね。
それ以外にも「幼稚園だより」や担任の先生からの報告メモありで、子供たちの幼稚園生活の一端を垣間見たようでした。

~担任の先生の報告メモより~
『お部屋で遊んでいた時の事です。様々な玩具の中から、ブロックを見つけると、「あっ!」と言い、とてもうれしそうな表情を浮かべました。
お友達が組み立てている様子をじっと見ていると、「これ!」と興味を示し自分でブロックを組み合わせて遊び始めました。とても気に入った用で「ほら!どうぞ」と私(先生)に見せに来たりと、楽しく遊んでいたあーちゃです。』

『出席ノートにシールを貼った時のことです。保育者が4月のページを開き、「ここにシールを貼ろうね」と指差すと、ぴーちゃは好きなシールを選び、貼ることができました。
 その後、貼ったシールを満足そうに見つめていました。
 毎朝、出席ノートにシールを貼ることが楽しみになりました。』

2006年4月13日

2006.04.16.00:42

珍しく霧で何も見えない朝、あーちゃは鼻水が止まらない。
熱はないし、元気だし食欲もあったから、お手紙を持たせて通園。
ところがバス停まで行くとはじめて「抱っこ」とゴネ出し、バスに乗るときもベソをかき始めた。やっと本来の性格が出始めたかな?

午後、バスのお迎えに行くと、二人ともいつもの明るい表情。
あーちゃなんか「あれ、おかしゃんだ」なんて感じ。
ところが家に帰る途中で二人そろって「抱っこ~」。
家についてからも我儘放題。お昼に用意しておいたおにぎりも「食べたくない」と言うけど、イチゴを先に食べたらそのまま流れでおにぎりを食べだすぴーちゃ。
あーちゃはイチゴの後は抱っこ抱っこで、そのうち抱っこされたまま寝てしまった。
ぴーちゃもすぐにコロリンで寝付いてしまう。
君たちエネルギー目一杯注ぎ込んで遊んで来てるねぇ。

担任の先生のお手紙の返事によると、あーちゃの鼻水は一日中止まらなかったらしいけど、その代わり元気に楽しく遊べていたそうなので安心。

2006年4月12日

2006.04.15.17:43

昨日から続いた雨が強く降る朝、レインコートと長靴着用なので早めにバス停に向かう。
ぴーちゃは待ちきれないかのように自分からバスに乗ろうとしていた。でも未だにポケットティッシュを握り締めている、これが無くなった時が本当に緊張せずに幼稚園に行かれる時なんだろう。
今日の降園時間は11時、早く帰ってくることもあってお昼ご飯もちゃんと用意しておかないと。

お迎えに出ると雨は霧雨、降ってるか止んでるかも判らない位。
バスから降りて家まで歩く途中、水たまりがたくさんあって普通には歩けない。
この年頃の子供だもの、絶対水たまりにはまってゆく。
特にぴーちゃにはコダワリがあるらしく、視野に入る全ての水たまりにはまらなければ気がすまないみたい。
マンションに入ると今度は二人揃って「抱っこ~!」攻撃で大騒ぎ。
疲れてるし、お腹空いてるしで不機嫌なのは判るけど、勘弁して~というくらい暴れ騒ぎまくる。
何とか家まで連れ帰って、着替えもせずにおにぎりを食べさせると、またすぐにコロッと寝てしまった。

2006年4月11日

2006.04.15.17:42

朝食は普段と変わりないくらいに食べるが、ぴーちゃがゆっくりご飯にしていたことと、通園カバンが重かったようで靴を履くときにひっくり返ったりしていてバス停到着がギリギリになった。
今日は早めのお昼ご飯を食べて13時前には帰ってくることになっているけど、どんな顔して帰ってくるか、とても楽しみ。

お迎えに行くと、特に変わった様子もなく拍子抜けするくらいあっさりとバスから降りてきた。
ただ2人ともブラウスの襟元にチョコレートがベッタリ、、、あぁそういえば今日の給食、チョコパンだったっけ。
こういう時の為にスモックを持たせておけば良かったと少し反省。

家に帰る途中の数十メートルで、ぴーちゃが「抱っこ~!」とゴネ始める。家に帰っても終始機嫌が悪く、とりあえず着替えさせておやつにするといつものおやつメニューでは足りないらしく、他にもパンを欲しがったり牛乳のお代わりを要求したり、とてもお腹が空いていたらしい。今度から別にお昼ご飯も用意しておかなきゃ。
食べ終わると今度はあっさり昼寝。
なんだか力一杯目いっぱい遊んできたって感じでした。

夕方、担任の先生から電話。
あーちゃはぴーちゃがいないことから不安になって泣いたので、ぴーちゃのお教室で終日過ごしたそう。この日は全園パン給食だったが、フルーツ(バナナ)は全部食べたけど、パンは半分ぐらい食べただけだったそうだ。
それ以外はお教室で二人で遊んだりお友達と遊んだりしていて、降園準備の時間になっても帰りたくなさそうにしていたようなので、幼稚園は好きみたい。

2006年4月10日

2006.04.15.17:38

いよいよ幼稚園ライフがスタート!

初バス通園日。あーちゃは張り切っているようだけど、ぴーちゃは不安なのかいつも完食する朝食のヨーグルトすら食べない。
送迎バスのバス停にはあーちゃはおばあちゃんと、ぴーちゃは私と手をつないで向かう。
このバス停はぴーちゃと同じBクラスのしょうた君、お兄ちゃんたちのしんや君、ゆうき君兄弟とうちの2人で三家庭5人が集まることになっている。しんや君・ゆうき君兄弟はバスに乗る前に「いってきます」のご挨拶。いつになったらあれくらいしっかりできるのかなぁ。
バスに乗せられるとぴーちゃはまだ状況がよく判っていないのかキョトンとした顔をしているし、あーちゃは少し不安げな顔になった。

今日は避難訓練を兼ねて10時半にメール連絡網が来て、それから幼稚園にお迎えに。お教室に行くと、あーちゃはすでにBクラスにいるし、ぴーちゃは床暖房が暑かったのか靴下を脱いで裸足になっていた。あーちゃの希望で路線バスと徒歩で家に戻ると、ぴーちゃにやっと笑顔が見えた。

2006年4月9日・・・入園式

2006.04.15.01:22

ちびラ~ずがこの幼稚園の園児となって初めての通園。あーちゃはお気に入りのお揃い服(制服)が着られるとあってウキウキ、ぴーちゃは朝からポケットティッシュを握り締めたまま、緊張の面持ち。
この日のためにお願いして来てもらっていたおじいちゃん・おばあちゃんと共に入園式へ。今日は当然通園バスの送迎は無いので、路線バスのバス停へと向かう。
バス停に向かう途中、国道の横断歩道で同じお揃い服を着た同じ位の年齢の男の子を連れたご夫婦に出会う、もしかして同じ組?

幼稚園に着くと、クラス毎に違う色を配したカラー帽子(ちなみにえんじ色)とお便りファイル、出席ノートと共に様々なお手紙が渡される。
幼稚園のホールで入園式は行われるけど、父兄と先生と緊張してうまく上履きも履けない子供たちとでごった返していた。
あーちゃをおばあちゃんにまかせ、ぴーちゃと一緒に席に着く。
今年の2歳児クラスは人数が多かったようで、AクラスとBクラスに分かれた事を名簿(名前のみ)を見て知った。ちなみにあーちゃはAクラス、ぴーちゃはBクラスになった。
ここの幼稚園は双子は別々のクラスにするって事は市の双子・三つ子サークル「ツインズ」でも聞いていたし、親子面談の時にも先生に「大丈夫ですか?」って聞かれていたから驚かなかったけど、最初から2クラスに分かれるほど人数が多かったとは・・・。

入園式自体はそれぞれのクラスの人、担任の先生方(1クラス2人)の紹介、園長先生のお話と他のクラスの先生方・職員の紹介なんかで滞りなく過ぎてゆく、かと思うと子供は飽き飽きでした。しょうがないよね、まだみんな2歳だもん。

その後それぞれのお教室に移動して、自分の席やロッカーの確認、担任の先生から父兄への連絡などに費やし、それぞれクラス毎の記念写真撮影へとなった。あーちゃの事があるので私だけ先に撮影場所のホールへ移動。
まずはあーちゃのAクラスで記念写真。同じ双子でお友達のゆいちゃんと隣同士でパチリ。次のぴーちゃはというともう大変。待ちくたびれたぴーちゃは元々押さえつけられているのが大嫌いなものだから、段々ぐずり出したかと思うと大泣き。お隣にいたあさひちゃんも大騒ぎ。結局抱っこしてお互いに離れた所に移動してからの撮影。出来上がった写真見るのが怖い。

ちなみに横断歩道で行き会った男の子はぴーちゃと同じクラス。ところがよくよく話せば何と同じマンションの方でした、知らなかったぁ!

入園以前

2006.04.15.00:17

2003年10月に双子の女の子を出産しました。
早、2歳5ヶ月。
今度は幼稚園に通うことになりました。
これが未就学児対象2歳児クラスという、私自身も子供の事として調べるまでは知らなかった未知の世界。
私の子供の頃なんて2年保育が普通、3年保育に行く子なんて珍しかった時代ですが、うちの子はなんと4年保育です。
そこで日記として紹介してみることにしました。

出演その1
長女・あーちゃ
出演その2
次女・ぴーちゃ
二人合わせて「ちびラ~ず」と申します。
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。