スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年6月28日

2006.06.28.16:26

昨日のブログにも書きましたが、ここ二日ほどあーちゃが午後になると微熱を出すので、水分を十分取らせるためにお茶を持たせました。
本当は、幼稚園でもコップを持って行っているので、いつでもお水を飲むことが出来るんだけど、あーちゃに「喉が渇いたら、お水を飲むって先生に言えばいいんだよ」といった所、「お水嫌っ!」と返されたので、一応普段飲んでいるお茶を持参させました。
もちろん担任の先生には、昨日からの経過とお茶を持たせた話のお手紙を添えて。

すると今日のお迎え時のバスの中では、あーちゃは元気でぴーちゃがぐったりおねむさん。
担任の先生からの返事の手紙には、日中お水を沢山飲み、ちゃんと水分を取ったという事と、熱も36.8℃で元気に過ごしていた事が書かれていました。
やはり急激な気候の変化にうまく合わせることが出来なかったのかもしれません。
今日はぴーちゃがバスで寝ていたこともあり、ぴーちゃを抱っこして家に帰ろうとしたら、ここ数日抱っこされていたあーちゃが大騒ぎ。
自分も抱っこして欲しくて、「抱っこ~、抱っこ~~」とまとわりついてきます。
ぴーちゃが寝てしまったから抱っこできないと話しますが、全然聞く耳を持ちません。
すると見かねたしんや君が、あーちゃを説得しようと一生懸命お話してくれます。
「ぴーちゃが寝ちゃったから、ママ抱っこできないよ。あーちゃ、ちゃんとおうちに帰らなきゃ」って。
仕舞いには「僕がだっこしてあげようか?」とまで言ってくれる。
ありがとうしんや君、でもいくら年長さんの君でも、あーちゃが標準より全然軽いと言っても、抱っこは大変でしょう。
ここは涙を飲んで、母が二人抱っこをしましょう、大変だけど、すごく暑いけど、、、。

今日は先生のお手紙以外にも、幼稚園から7月の予定表と夏場のプールについてのお手紙が入っていました。
そしてもう一つ。
汗拭きタオルに持たせているタオルを取り出して・・・と思ったら、同じタオルが2枚入っている。
あれ?と思ってよく見たら、同じクラスのももかちゃんのタオル。
うんうん、そりゃあしょうがないよね、だって100円ショップで買ったキャラクタータオルだもん、カブって当然だわ。
みんな同じような所で、同じような物買って、持たせてるんだもん。
早速幼稚園に電話して、お洗濯後、明日あーちゃに持たせますと連絡。
相手のお母さんにもそう伝えて下さいとお願いしました。
スポンサーサイト

2006年6月27日

2006.06.27.08:24

昨日微熱を出したあーちゃですが、朝は36.2℃と落ち着いていたし、朝ご飯もいつもと同じように食べていたので、幼稚園には行けそうです。
念の為、先生にはその後の経過のお手紙を書いて持たせます。
それより今日は幼稚園で保護者会があるので、幼稚園にも行くし、何かあればそのまま引き取って帰ればと思ってました。
今日の保護者会は、幼稚園の先生方も講演の研修を受けるという、栗山正樹先生の講演会。
数年前、「キレる17歳」による幾つかの犯罪が起こった時の調査で浮き彫りになった、親の子供への接し方の調査結果のワースト4が下記のものだそうだ。
1)“ガマン”を教えていない
2)無関心
3)過保護
4)無節操
この場でそれぞれの詳しいお話はしませんが、このような傾向を避けるためには、『生活のリズム』を持って、普段から子供たちの環境に気を配ってやるというお話でした。
教育に関する講演でしたが、思っていたよりも楽しく明るく解りやすくてためになるお話でした。

さて講演が終わった後、幼稚園のほうで今までの幼稚園行事の写真展示があり、購入の申し込みの為に写真を見ていた時、あーちゃの担任の先生がいらして、あーちゃがやっぱり微熱を出している事、でも元気で、今はいそいそとお弁当の準備をしているという事を報告に来てくれた。
先生は「どうします?連れて帰りますか」とも言ってくれたんだけど、あーちゃは幼稚園も好きだけれど、何よりお弁当が楽しみで通園しているようなところがあるので、そのまま先生に様子を見て下さいとお願いしてきてしまいました。
だって、今連れて帰ろうとしたら、どれだけ大騒ぎになるか。。。
その後、電話連絡もなく、いつものようにバスで(ただし眠って)帰って来たし、相変わらずおやつも夕飯も普通に食べて、普通にお昼寝もお風呂も入り、夜もいつも通り寝たので、何なんでしょう。
もしかして水分不足かも?
今日の「幼稚園文庫」で借りてきた本は、あーちゃが「ぽっちり ふたつ」、ぴーちゃが「タンタンのぼうし」でした。
タンタンは前にあーちゃが気に入って借りてきていた本ですが、今回はぴーちゃが持って帰ってきました。

20060627204201_286.jpg


上の写真は、もうすぐ幼稚園にプールグッズを持って行かなければならないので、その為に購入したちびラ~ず人生初水着!です。
「お写真取るよ~、はい、ポーズ!」でしたポーズがこれ。
君ら女子高生か~~

2006年6月26日

2006.06.27.06:45

久しぶりに雨の日の月曜日。
長靴にカッパのフル装備に加えて、月曜日恒例の大荷物も持たないといけないので、そうでなくてもふらふら歩くちびラ~ずにとってはちょっと大変。
それなのにちょっとした段差でジャンプ遊びをしたり、水たまりでビチャビチャしたりしていたので、バス停まで時間がかかる。
いつもどおりに通園したけれど、、、お昼過ぎに先生からお電話。
あーちゃがお帰りの仕度を始めるころから元気がなく、熱を測ったら37.1℃あったそうで、ただ時間が時間だけに、お迎えに行くよりバスに乗せたほうが早いという事で、連絡だけ下さった。
バスに揺られて帰って来たあーちゃは、珍しくバスの中で寝ていて、顔も若干赤い。
きょうのバスの引率の先生が、丁度あーちゃの担任の先生だったので、特に様子に変化がなかった事と、お弁当の時間までは元気だったと言うお話を聞いて、すぐに抱っこ(というか倒れ込むように)して家に帰ろうとした。
ところがこういう時に限って、ぴーちゃが遊んでいてなかなか帰ってくれない。
雨も小降りになって、水たまりが楽しくて仕方がないみたい。
何とか家までつれて帰り、あーちゃはすぐに休むかな?って思ったら、意外と元気。
おやつもたっぷり食べて、お昼寝も十分にして、夕飯はあまり入らなかったけど、そんなに心配する事も無いのかな?
夕方、また担任の先生から電話があって様子を聞かれたけど、そんなに普段と変化はありませんでしたとしか言いようがなかった。

2006年6月24・25日

2006.06.27.06:44

今日はお休みだし、お天気もあんまり良くない。
そこで一日おうちで遊ぼかな?って事で、あまりネタありません。
だからお弁当の話。

元々麺類は好きですが、マカロニなどは好きじゃなくマカロニサラダには見向きもしなかったちびラ~ずなので、お弁当には可愛い蝶々型のファルファーレをトマトソースで和えて入れていましたが、しゅうご君ママに可愛いパスタを戴いたので、これを使ったらもうお気に入り。
20060627094223_255.jpg

だってこんなに可愛いうさぎさん達なんだもの。
ただひとつ難点なのは、煮ちゃうと煮崩れてうさぎさんの形が原形を留めてくれなくなってしまうところでしょうか。

翌、日曜日は前からお約束をしていたので、しゅうご君のおうちで遊びました。
相変わらず大騒ぎ、楽しく、泣いたり笑ったりの数時間でしたけど、「さぁおうちに帰りましょ」っていうのは3人とも嫌だったみたい。
ただし「もうお昼だから、おうちに帰ってお昼ご飯だよ」って言ったら、「え、お昼。ご飯ご飯。」と掌返したように、ウキウキと家に帰ろうとするちびラ~ずはちょっと薄情。
さびしそうなしゅうご君を置いて、おうちに帰りましたとさ。
(って言っても、同じマンションだからエレベーターでちょっと移動しただけだけど。)

2006年6月23日

2006.06.27.06:43

先週の金曜日は休園だったこともあって、二週間ぶりのお荷物です。
それなのに雨が降りそう。
仕方なくカッパも通園カバンに入れていきます。

でも何より今朝のトピックス!
ぴーちゃに着替えをさせていた時、最近お気に入りの「かたつむり」の歌を歌いながら、楽しげに着替えをし始めました。
ところがその「かたつむり」の歌詞。
ぴーちゃは舌足らずで呂律が回らない事もあるし、朝で余計にうまく言えなかったのでしょう、こんな風に歌っていました。
♪しぇんしぇい むちむち ばばつむい
(もちろん正しい歌詞は、でんでん むしむし かたつむり)
ひぇ~~、先生ムチムチぃ~ってな~に!
もう朝からツボ入って、笑いまくりです。
でもあの幼稚園、ムチムチの先生いないんだけどなぁ。

さて、結局雨も降らず、カッパ、カラー帽子、上履き、体操服と荷物いっぱいで帰って来ました。
家に帰ると、お便りファイルに何やら固形物が。
何かと思ったら、先生のお手紙に「お弁当の蓋を落として、蓋の一部が壊れてしまいました」との事。
見るとお弁当の容器と蓋とをパッチンって止めるところが、落として割れてしまったようです。
う~ん、お弁当箱買いに行かなければ。
でも同じものじゃないと、騒ぐだろうなぁ、お気に入りのウサハナちゃんのお弁当箱だし。
しょうがない、もう一個買いましょう。

2006年6月22日

2006.06.23.05:08

今日は、先日借りてきた「幼稚園文庫」の返却日なのですが。。。
毎回ちょっと面倒だなって思うことがあるんです。
「幼稚園文庫」の絵本は、借りてくる時に連絡ノートみたいなものを一緒に渡されます。
その連絡ノートに、借りた日付・借りた本のタイトル・読んだ人・子供がどう反応したかの一言コメントを書くのです。
幼稚園に戻った連絡ノートを、先生が呼んで確認印を押して、翌週また持って帰って来るというシステムです。
この一言コメント、意外と難しいのです。
読んでいて良く反応の帰ってくる本ならいいのですが、本人が選んでくる本なので必ずしも反応の良い本ばかりではないし、たまたま前に持って帰って来たことのある本を再度持って帰ってくると、気に入りはしててもどんな事書いたら良いんだろう?って思っちゃって。
今回はぴーちゃが二度目のお持ち帰りだったし、あーちゃもどこが気になるのか、いまいち判りにくかったし。
そうなるとコメントの書きようがない。
意外ともっと長文で、その時の様子を書いた方が書けるって時もありそう。
木曜日の朝が締め切りの一言コメント、ちょっと難しいです。

ところで、最近「おやっ?」って思う事が。
今朝、バスが来たのにも関わらず、お友達の輪から離れてしまったあーちゃ。
どうしたのかな?って思って声を掛けても、バスに近づこうとしない。
するとしんやおにいちゃんがすかさず「あーちゃ、行こう」って声を掛けて、手をつないでバスに導いてくれた。
あぁ、いつもながらしんや君、ありがとうって思って様子を見ていると、バスに乗り込んでからもあーちゃを座席窓際に座らせてくれて、その横にゆうき君、そしてその隣の通路側にしんや君と3人掛けをしている。
もちろん3人掛けしても怒られたりはしないし、園児用バスの2人掛けシートとは言え、詰めれば3人座れない事もない。
ただ、こういう光景、実は良く見かけているんだよね。
ちびラ~ずの1人、もしくは2人が座って、その隣にゆうき君・しんや君のおにいちゃんズが座って3人掛けってパターン。
たまに座席争いしてる時とかも見るし。
今日のお帰りのバスでは、運転手のおじさんのすぐ後ろに、あーちゃ・しゅうご君・ゆうき君・しんや君が団子状態になって座っていて、ぴーちゃはちょっと離れた席に1人で座っていたけど、後ろの席の年長さんの男の子が、何やら一生懸命ぴーちゃに話しかけていて(でもぴーちゃは全然聞いてなくて)なんて光景を見た。
も、もしかして!?ちびら~ずってモテてる???
いやいや、これも親の欲目かもしれない。
真相は如何に!

今日のお便りは、7月に行われる「カレーライス会」についてのお知らせでした。
この「カレーライス会」は、この幼稚園独自のイベントなんですが、たまたま幼稚園の立地が、昔ながらの商店街の真裏ということもあって、カレーライスの材料のお買い物と調理を年長さんが、野菜を洗うというお手伝いを年中・年少さんが行い、作ったカレーライスを園児全員で食べるというイベントなのです。
もちろん職員の皆様、お手伝いの保護者の皆様の協力により作られるわけですが、全園児といえば150人ぐらいはいますし、カレーライスは当然子供の好きなメニューでもあるから、きっと多めに作るんでしょうから、大変ですね~。
何しろ二日間に渡って作るのですよ。
一日目は、お買い物・野菜洗い・野菜の皮むきなどの下ごしらえまで。
二日目に調理と食事なんだそうです。
毎年子供たちには人気があるみたいで、お楽しみのイベントのようです。

2006年6月21日

2006.06.21.10:13

朝からあーちゃがやってくれました。
毎、朝ご飯に出すヨーグルト。
最近は暑いせいか、あまり食が進まないちびラーず。
意外と多く残したままでご馳走様になるのですが、その後は自分でお台所まで食器運び。
あーちゃも残したヨーグルトのカップを乗せたまま、お皿を台所まで運び、流しに入れようと持ち上げた瞬間!カップが自分のほうに向かってひっくり返ってきた。
あっと思った時にはもう遅く、あーちゃのお遊び着はブルーベリーヨーグルトまみれ、大きな前ポケットにもヨーグルトが入っている始末。
これは拭いたぐらいじゃあ、どうにもならない。
仕方なく遊び服を脱がせ、洗面所で手洗い。
こういう時の替えまでは用意していなかったので、今着ているTシャツに直接名札を付け、本来遊び着のポケットに入れるはずだったハンカチとティッシュは、通園カバンの中に。
急いで先生に事情を知らせるお手紙を書き、お便りファイルに入れた。
ところが、いつもと違う事態にあーちゃは少しへこんだらしく、通園カバンに入れたハンカチとティッシュを持ってきて、どうにかしろって言う。
どうにもこうにも、Tシャツには当然ポケットないし、下に穿いているズボンには尻ポケットしかなく、尻ポケットじゃあーちゃの手が回らないからすぐに取り出せないしって言い聞かせたところで聞くはずがない。
だましだまし靴を履かせ、バス停まで行ったところがみんな遊び着だし、違うの自分だけだし、だんだんブルーになってきたのか、バスが来て乗る時になったら「行きたくない」とお見送り側(親側)に来る。
するとしんや君があーちゃの手をつないで、一緒にバスに乗ってくれて、バスのシートに並んで座ってくれた。
さすが年長さん!しんや君には色々助けられているよ、本当に。

2006年6月20日

2006.06.20.18:17

今朝初めて、ちびラ~ずは髪を纏めて通園することに。
やっぱりここ数日の暑さで、汗も沢山かいてくるし、髪が伸びてきて少々うざったいと思っていたこともあったせいなんだけど、今までは髪留め・髪ゴムなど、つけたりするとすぐに外してしまうので、何も出来なかったのに。
やはり幼稚園の影響でしょうか、ゴムで結わえる事に抵抗しなくなったと言う事に気が付いたので、100円ショップでアイテムを揃えておいたのです。
そうでなくても2歳児クラスは若干女の子のほうが多いため、もしかするとちびラ~ズなりに「女の持ち物勝負」みたいなものがあるのかもしれません、あくまで想像ですけど。
ただ可愛いものやきれいなものに対する興味は一歳半ぐらいからあったので、幼稚園にもって行くポケットティッシュやハンカチ用ミニタオルなんかは、可愛いかきれいな柄でないといけないようです。
朝バス停でおにいちゃんズが来た時に「あれ、髪の毛どうしたの?」って聞いてきたから、帽子を少し上げて「結わえてきたんだよ~」って説明したら、暑いもんね~とかちょっと感じが違うとか言ってくれました。
うんうん、君たちは大きくなっても今のタイミングと会話を忘れちゃいかんよ。

2006年6月19日

2006.06.20.18:16

先週の金曜日がお休みだったせいで、月曜日だと言うのに珍しくお弁当とコップしか持って行かない。
あまりのカバンの軽さに少々不安になり、バス停でしゅうご君ママに「今日って持っていくもの、なかったよねぇ」って確認しちゃう始末。

2006年6月17・18日

2006.06.20.18:16

最近のちびラ~ずのお気に入りの遊び、それは“幼稚園ごっこ”。
おもちゃのピアノを弾いている真似をして、「幼稚園のさようならの歌」を歌うのです。
幼稚園では、先生がエレクトーンとかオルガンを弾いて伴奏してくれているので、その先生の真似をしているつもりなんでしょう。
それ以外にも、本のようなものを持って出席を取っている真似とか、叱っている真似とか、普段の生活を垣間見るような遊びが多いです。

日曜日は、住んでいるマンションの管理組合月例会があったので、ちびラ~ずも一緒に出席。
管理組合役員は毎年持ち回りで、今年はうちが役員の番なのですが、月例会は必ず日曜日。
ちびラ~ずを置いていくわけにもいかないし、管理人さん(そうそう今ではライフ・マネージャーって言うんですって)の「連れてきても良いよ~」というお言葉に甘えて、おもちゃやお菓子やジュースを持参で、3人で出席。
なぜかあーちゃは脇に座り、ぴーちゃは膝の上から動かない。
慣れない大人の中に入ると緊張しちゃうのです。
しかしたまたまお隣に座ったおばさんに、あーちゃはちゃっかり抱っこしてもらって、しかも相手もしてもらってニコニコ。
それだけじゃありません、理事長さんが私費で持って来てくれたお茶菓子のカステラ巻まで戴いて、もうルンルン。
帰る時には「大人しくガマンしてて、偉いねぇ~」なんて褒めてもらうは、他の方のお菓子まで戴くわで楽しく家まで帰ってきました。
なんて現金なんでしょ。

2006年6月16日

2006.06.20.18:15

今日は月一回の「ランチパーティ」の日。
久しぶりにお弁当の事を考えずに、いつもより30分遅く起きても良い日。
なぜかこの日に限ってあーちゃが少々早めに起きてしまう。
ところが、いつもだったら目が覚めた時に台所にいるはずの母が、ベッドで寝ている事に気が付いたあーちゃは、自分のお弁当がどうなってしまうのか不安で軽いパニック状態。
私に「おべんとうは?おべんとうは?」と不安げ、というより半ベソで聞いてくる。
しょうがないので、すでにお弁当の準備は終わったと説得してみるんだけど、、、あまり信用していない様子。
何とか着替えさせ、朝ご飯を食べさせようと思ったところで携帯メールの着信音。
あれ、何だろうと思って見てみると、幼稚園からの緊急メール。
この日、大雨洪水警報が発令されていて、しかも昨日からすごい雨が北上していて、今日は大変な天候だと朝からニュースでやっていた。
そこで幼稚園では大事を取って休園という事にしたそうだ。
えぇぇぇぇ~~~そんなぁ。
今日一日、どうして過ごしたらいいのぉ~~!

いつものように、幼稚園に出かけない事に不信感を抱き始めたちびラ~ズを何とか誤魔化し、遊び着を脱がそうと思ったけど、まるで相手にしてくれず「イヤ!」の連発で、脱いでくれない。
そうこうしている間に、しゅうご君ママから携帯メール。
幼稚園もお休みになった事だし、しゅうご君ママと相談して、うちでみんなで遊ぶ事に。
うちは女の子なので、男の子用おもちゃが無いんだけど大丈夫かなぁって思っていたら、おもちゃ以前にお気に入りを見つけてしまった。
うちの長猫(ちょうにゃん)みゃん太くん・年齢13歳の事が、どうにも気になって気になって仕方ないらしく、玄関にお出迎えに出てきたみゃん太を強引に抱っこしたままリビングまで連れて来、そのまま遊ぼうと思っていたのだろうが、さすが年の功みゃん太くんはちびラ~ずのベッドまで逃げる。
ところがそこは幼児、みゃん太の行く所行く所へと追いかける。
どうやらしゅうご君は動物好きのようで、遊びたくてしょうがないらしい。
それでもママに諭され、みゃん太も隠れてしまったので、3人でそれなりに仲良く遊び出した。
うちにはおもちゃは2つずつしかないので、2つのおもちゃを3人で取り合って泣いたり、他の人の遊ぶおもちゃが気になってケンカになったり、みんなでおやつを一緒に食べたりと笑いあり涙ありの数時間でした。
お昼過ぎにしゅうご君はおうちに帰って行きましたが、ちびラ~ずも楽しかったらしく、お昼ご飯もそこそこにお昼寝タイム。
その頃には大雨って一体何の事?とでも言いたそうに、空は明るくなっておりました。

2006年6月15日

2006.06.20.18:13

朝、いつものように仕度をして、バス停に向かった時の事です。
先に来ていたしゅうご君が、座り込んで地面を見ている。
何かと思って見てみると、おびただしいほどのアリが、延々と列を作っているじゃないですか。
しゅうご君ママと「どうしてこんなにアリがたかっているんだろうねぇ」なんて話をしていると、おにいちゃんズがパパとやって来た。
「すごく沢山アリがいるよ~」となると、さすがおにいちゃんたちは動きが早い。
アリたちが何処から来るのか確かめに、ずぅっと端まで見に行きだした。
結局、そのアリの列は7~8m有り、一番多く溜まっている所が、バス停に決められているホテルの専用駐車場脇の2.5mほどの私道の排水溝付近なのだ。
そこにしょうた君も参加して、男の子たちは思い思いに座り込み、アリを眺めたり話をしたりしている。
それに比べるとちびラ~ずの冷静なこと。
最初は物珍しいからって座り込んで見ていたけど、そのうちに飽きたのでしょう、普段通りに立ってバスを待っている。
ママたちと面白いねぇなんて見ていたら、、、あれ、あっちの方まで行っちゃって座り込んでアリ見ているのは、おにいちゃんズパパ。
・・・やっぱり男の子はいつまでたっても男の子なんですねぇ。
男の子たちが座り込んでアリの鑑賞会と意見交換をしている間に、バスがやって来た。
みんな名残惜しそうに、バスに乗って行ったのが、また印象的でした。

さて午後になり、幼稚園から帰って来ると、今日のお便りは前回の尿検査・検便の結果発表。
検査用紙を見ると、あーちゃの尿検査は未提出だったけど、とりあえずそれ以外は異常なしという事でした。

2006年6月14日

2006.06.14.08:50

いつも朝、着替えの時に、遊び着のポケットの中に入れるハンカチ(タオルのもの)とポケットティッシュを点検して入れ替えたりしますが、今朝は2人とも、新しいティッシュに変えなければいけませんでした。
100円ショップなどで売っているミニティッシュを買い置いて、その都度必要な時に名前を書いてポケットに入れてやります。
私がティッシュにそれぞれ記名していると、あーちゃが自分のティッシュを指差して、「ももちゃんの?」と聞いてきた。
クラスのお友達の名前が、本人から出てきたのはこれが初めてで、思わず「ももちゃん、仲良しのお友達?」って聞いたら、「うん、なかよし」と答えてくれました。

双子三大声掛け言葉~その2

2006.06.13.09:24

この言葉は、本当によく言われます。
話しかけられて言われる事もありますが、それ以外の、行きずり(?)に投げかけられる言葉でもあるのです。
「まぁ、そっくり」
または
「良く似てるわねぇ」

そりゃあ似てないとは言いません。
まがりなりにも、双子ですから。
ただ、親が見ると違うんですね。
ただし正面から見た時だけですけどね。
友人・知人なども、見慣れてくると見分けられるって言います。
あーちゃはちょっとたれ目で、顔の輪郭も体つきもしっかりしてます。
それに比べるとぴーちゃはちょっと釣り目気味で、細めの輪郭で、体も華奢です。
ぱっと見える所には、ほくろなどの特徴が無いので難しいのですが、やはり顔の輪郭が違うと、着る物や帽子、髪型など、似合うものが多少違ってくるから不思議です。
幼稚園で作ってくれたプレゼントのカードでも、あーちゃとぴーちゃはまるで違うものを作ってくれました。
それでも先生たちが言ってましたね。
「お弁当を食べ終わるのは、ほぼ同時ですよ」って。
面白いですね。

ちびラ~ずの通う幼稚園の2歳児クラスには、もう一組、女の子の双子ちゃんがいます。
市の双子サークルで知り合いだったので、幼稚園に入る前からのお友達でしたが、その双子ちゃんたちは私には見分けが付きません。
その双子ちゃんママにも言われた事があるのです。
「ちびラ~ずはそっくりだよね?一卵性?やっぱりぃ~」って。
もう一組の双子ちゃんは二卵性だって聞いてたけど、ごめん、私には全然見分けつかないよ、そっくりだよ。

結局、そういう事なんですね。
「自分の子ぢゃなきゃ、判らない!」

2006年6月13日

2006.06.13.08:46

今朝、あーちゃが起きてきてすぐにTVのニュースをつけた時の事でした。
毒グモが一般民家の庭先で捕獲されたと言うニュースを見ていました。

あ)「けむしみたい?」
母)「違うよ、あれはクモっていうの」
あ)「くもぉ?」
母)「そうよ、危ないクモが見つかったから、気を付けてくださいって」
あ)「こわいねぇ~」

という何気ない会話だったのに、ふと気が付いた。
あーちゃは「危ない=怖い」という事を理解しているんだ!と。
幼稚園の指導によるところも大きいんだろう。
何しろこの幼稚園は、防犯防災意識のとても高い幼稚園だから。
でも、2歳7ヶ月の子供の知識として「危ない=怖い」または「気を付けなければいけない」という所まで行き着いているとは、親の私でも気が付かなかったのだ。
ふぅん、思っているよりも子供っておりこうさんなんだなぁ。

この日もまた、ご飯炊くのを忘れていた私。
今度は時間も無いので、パックご飯にしました。
だってぇ、昨日の夜、お昼寝したのも遅いし、どうせ起きてくるのも遅いからあんまり夕飯食べないだろうなぁって思って、残りご飯も沢山あったしぃ、チャーハン作って食べさせてたから、夕飯時に炊くご飯を翌日のお弁当回しにしている私としては、そのままうっかり朝まで寝ちゃって、ご飯が無い事にも気が付かなかったんだもの。

お昼過ぎにお迎えに行くと、なぜか2歳児クラスの4人の内、3人までがバスの中で寝ていた。
起きていたのはぴーちゃだけと言う有様。
仕方なくあーちゃを片手で抱っこし、ぴーちゃの手を引きながら帰ろうとするけど、もちろんそんな状態でぴーちゃが大人しく手を引かれているはずも無く、しゅうご君を抱っこしたママと、あーちゃを抱っこした私と、駆け回るぴーちゃという状態で帰ってきました。
家に戻るとあーちゃも少し目が覚めたようで、おやつだけはしっかり食べるらしい。
おやつを食べてる間に荷物チェック。
「幼稚園文庫」で借りてきた本は、あーちゃが「にんじん」、ぴーちゃが「ババールのあか あお きいろ」。
「にんじん」は、前にぴーちゃが一番最初に借りてきた本。
「ババール」の本は少し難しいかなとも思ったけど、うちにババールのぬいぐるみがあって、赤ちゃんの頃から馴染んでいるからそれで持って帰ってきたのかも。
その他におたよりで、昨日の内科検診の結果のお知らせもありました。
ちびラ~ずは、栄養状態・脊柱・胸郭・眼疾・耳鼻咽頭疾患・皮膚疾患共に異常なし、まるっきりの健康体でした。
今後7月になるとプール遊びが始まるので、その事を踏まえた内科検診でもあったようです。
よしよし、夏になったら新お遊び、プールの襲来だ!

2006年6月12日

2006.06.12.10:29

さあ、また月曜日、週の始まりです。
相変わらず月曜日は荷物多めで、土曜日に借りてきた本もあるので、フラフラしながらマンションを出て行くと、少し先をしゅうご君がママと歩いている。
すぐにママが気が付いて、しゅうご君にあーちゃ・ぴーちゃがいることを言ったらしく、しゅうご君が笑顔でこっちに歩いて来た。
オコチャマ3人揃ってバス停に。
バスを待っている間に、土曜日に借りてきた本の見せっこになったり、ティッシュの見せっこになったりと、3人でそれなりのコミュニケーションを取っていた。
そうこうしている間に、バスが来てしまった。
お兄ちゃんズとしょうた君、どうしたのかな?
同行の先生と今日のお迎えの確認をして、バスは行ってしまった。

今日は内科の検診があるそうなので、降園時のバスは無く、全員お迎えという事なので、2時半から3時の間にお迎えに行くのです。
それでも家から幼稚園までは、大人の足でも20分はかからないので、2時過ぎまで時間が使える事は、なんとなく気が楽。
2時5分位に家を出て、坂道なんかもあるので、のんびり歩いて幼稚園へ向かう。
途中、いつもより遅い時間のせいでグズッたりお腹が空いたり眠くなったりした時はタクシーで帰る事も考えて、お財布を覗くと万札しかない。
いざという時には、飲み物と食べ物とを用意したほうが良いと気が付き、途中のコンビニでお金をくずしがてらジュースと菓子パンを購入。
これで準備万端、幼稚園に着くと、あーちゃがさようならのご挨拶をしていて、ぴーちゃはオムツを脱いでウロウロしていた。
オムツ替えの途中で、逃げ出したんだな。
先生にご挨拶をして、下駄箱まで行き、自分の靴を出して上履きを脱ごうとする。
私はお迎えに来るのは2ヶ月ぶりぐらいなので、降園準備を自分たちでするちびラ~ずを見るのは久しぶりなのだけど、こんな事まで出来るようになったんだぁと、感慨もひとしお。
運動靴に履き替えて園庭に出ると、案の定、大好きな滑り台に向かってまっしぐら。
滑り台にはあーちゃと同じクラスのお友達とママがいて、ちょっとだけお話している隙に、あーちゃは園庭の端のほうへ逃げてゆく。
職員用出入り口まで行くと、脇にはしんや君たち年長さんが植えたサツマイモの苗がある畑があり、そこで何とか捕まえて通用門まで歩いて行った。
バス停に行こうと歩いてゆく途中、お兄ちゃんズパパに会い、「また明日会おうね」とご挨拶。
路線バスで2つ目、駅前までバスに乗り、そこから歩いて家まで帰る。
ところがこれがなかなか真っ直ぐ進んではくれず、結局家にたどり着いたのは3時過ぎ。
それでもすんなり手洗いとうがいをして、おやつはあーちゃがバナナ半分とミニクリームパンが2つに牛乳、ぴーちゃはバナナ1本とミニクリームパンが1個半と牛乳2杯。
3時半にはクリームパンに未練を残しつつ、あまりの眠さに3分としないうちにベッドでグッスリ。
でもあーちゃは最後までクリームパンの3つ目を手放しませんでした。

2006年6月11日

2006.06.12.10:28

昨日沢山楽しい事があって疲れたせいか、今日は少しゆっくり起きました。

2006年6月10日

2006.06.10.15:00

いつもだと、週末はまとめて書きますが、今日は幼稚園の行事「みんなとあそぼ」があったので個別に書きます。

幼稚園行事「みんなとあそぼ」は、前回行事「おかあさんといっしょ」で母の日を祝ったのに対して、父の日を兼ねておうちの人たちと遊んだり、園での普段の遊びの様子を見てもらったり、子供たちが作った作品をプレゼントしたりという為のイベントです。
ちびラ~ずは、遊び服に着替えて幼稚園に行くはずなのに、いつもよりゆっくりしている事をおかしいと思っているらしく、何かというと「幼稚園?」と聞いてくる。
9時になり、路線バスに乗って幼稚園へと向かうと、他のクラスの園児もどんどん集まってくる。
ふと見ると、ゆうき君を連れたお兄ちゃんズパパが。
ご挨拶をして園内に入っていくと、子供たちはそれぞれのクラスに、親はホールでお話。
ところが親が一緒なのでどうしても離れられない子達もいて、ホールは園児と親たちでひしめいている。
ホールの中で、二歳児クラスもう一組の双子、あいちゃんゆいちゃんのパパ・ママとご挨拶をしているうちに園長先生がいらした。
園長先生がまず最初に「お隣の方たちとご挨拶をして下さい」という。
次は「3人の方とご挨拶を」、その次に「周りの方5人にご挨拶を」と、周囲の親御さんたちとご挨拶をして、学年やクラスに関係なく、同じ幼稚園の父兄として顔を見知るという事の大切さのお話をされた。
キョロキョロしてご挨拶してたら、しゅうご君パパ・ママを見つけて合流。
実はちびラ~ず父と同じ職場だった事が判明したしゅうごパパ。
自己紹介と共にお互いの情報交換を始めちゃった。
ホールで園長先生のお話と、音楽の先生と一緒に歌を歌ったりしてから、園庭で朝のお集まり会。
園庭で待機している親の元に子供たちが各教室から出てきて、一緒に朝のご挨拶や「元気いちバンバン!」体操など、親子で体を動かしたりした後、それぞれの教室に移動。
教室に入ってからは手遊び歌などで遊び、子供たちが作ったカードをお父さんに渡すプレゼント遊びや、お父さんたちに協力してもらってマット運動、絵本の読み聞かせなど、普段幼稚園でどういう活動をしているかを垣間見る事ができるようになっている。
その後、時間いっぱいまで、パズルや積み木、教室から続いているウッドデッキで走り回ったりと、みんなで楽しく遊びます。
その合間に、先生方は普段の子供たちの様子などを父兄と話したりしてて忙しく過ごしていました、ご苦労様です。
最後に、ホールに下りて「幼稚園文庫」から本を借りて帰って下さいと言われたのでホールに行ったら、いつもの「幼稚園文庫」の本だけじゃなく、お父さんにちなんだ絵本も沢山並んでました。
あーちゃは「おとうさんとうみへ」を、ぴーちゃは「とうさん まいご」を借りて来ました。

そしてちびラ~ズ恒例、沢山の大人と幼稚園に行った帰りは「バーミアン」でラーメン。
ちびラ~ずは、特にあーちゃは、「バーミアン」が大好き。
おこさまラーメンセットでラーメンとフライドポテトを食べるのも好きなんだけど、おもちゃも嬉しいけど、おうちでは制限つきのジュース(カルピスですけど)が好きなだけ飲めるのが嬉しい。
大満足でお昼を食べて、家に帰るとたくさんお昼寝して、夜は父に絵本を読んでもらってと、とても楽しい一日でした。

2006年6月9日

2006.06.10.14:38

昨日の「上履き履いてきちゃいました事件」の始末として上履きを履いて登園させようと思っていたら、何と今日は朝から雨。
しかも午前中は100%ですって。
結局長靴を履かせ、上履きはスーパーのビニール袋に入れて手に持たせ、帰りはこの袋に運動靴を入れて持たせて下さいというお手紙を、先生宛に持たせました。

今日、幼稚園から帰って来たちびラ~ずは、予想に反してお荷物が無い。
いつもだったら、週末に沢山のお荷物をカバンと手提げに入れて帰ってくるはずなのに・・・。
よく考えたら、明日は幼稚園のイベント「みんなであそぼ」の日。
そうだね、そのときに渡す事になるのかと納得して家へ。
バスを待っている時はパラパラ降っていた雨も、気が付いたらいつの間にか止んでいた。

2006年6月8日

2006.06.08.13:23

今日は尿検査の再提出の日。
あーちゃは最近では珍しく、6時に起きてきた。
時間を見計らってトイレに連れて行ってオムツを脱がせたら、失敗!すでにしてあった。
結局、あーちゃのおしっこは取れずじまいでした。

お昼過ぎのお迎えの時、バスから降りてくるぴーちゃのを受け取ると、同行の先生が「すみませ~ん」と平謝り。
何かと思えば、ぴーちゃが上履きのまま帰って来てしまったのだ。
先生方が誰も気が付かず、バスに乗ってしまったらしく、ふと見たら上履きだったそう。
本人はぜんぜん気にならなかった様で、家に帰り着いても全然お構いなし。
家に帰り、ちびラ~ずの手洗い・うがいを済ませ、おやつを食べさせてからふと見ると携帯に着信記録、家の電話には留守電。
何事かと思ったらどちらも幼稚園からで、家の電話の留守電で上履きの件についての謝りと、翌日の対処についてのお電話。
あちゃー、携帯の着信は気が付かなかった。
夕方になったら、今度は担任の先生から、またまた誤りの電話。
翌日上履きのまま登園して、幼稚園で靴底を洗いますとの事。
先生大変だよね、ご苦労様です。

2006年6月7日

2006.06.08.13:20

週の真ん中、水曜日は、いつもと降園時間が違う。
普段よりも1時間早くバスで帰ってくる。
やはり水曜日はいつもの日に比べると、なんだか慌しくて、家事も買い物もバタバタしちゃう。
降園のバスを迎えに行くと、しゅうご君パパ・ママが来て、話をしながらバスを待つ。
バスが着いて子供たちが降りて来たけど、しょうた君ママがお迎えに来ていない。
こういう場合はまたバスに乗って、そのまま延長保育になるんだけど、バスに戻されたしょうた君は驚いて泣き出しちゃった。
思わずしゅうご君パパ・ママたちと胸が詰まる思いで帰ってくる。

今日は体位測定の日。
身長と体重を計るらしい。
家に帰って出席ノートを見ると、書いてあった、ちびラーずのサイズが。
まずあーちゃ、身長は88.0cmで、体重が10.5kg。
ぴーちゃは身長が89.4cmで、体重は10.5kg。
体重には差が無いものの、身長は1.4cmも違う。
まぁ、確かに、見た目にもぴーちゃの方がちょこっとだけ身長は高いかなって見えてたから、こんなものなんでしょう。
ただ漠然と、双子って背格好が同じって思っていたから、身長差が出てきた事が、なんだか不思議。
実際に先生と話したりしても、あーちゃはガッシリしている感じ(骨太っぽい)があって、靴を履かせる時に、同じサイズの靴なのにあーちゃは少し履かせにくいと言われていたし、私自身もそう感じていた。
それに比べてぴーちゃは、顔も若干細い感じだし、見た目でもヒョロヒョロクニャクニャしている。
でも体重は同じかぁ。

2006年6月6日

2006.06.06.13:35

昨日お便りファイルにお手紙が入っていた。
「ランチパーティの食券の提出日は今日でしたが、入っていなかったので明日提出してください」
す、済みませんでした、すっかり忘れておりました。
朝起きてすぐ、謝りのお手紙と共に食券を入れたのは言うまでもありません。

今日は「幼稚園文庫」の本を持って帰ってくる日。
あーちゃは「ノンタン!サンタクロースだよ」を、ぴーちゃは「タンタンのしろくまくん」。
おやおや、今日はあーちゃとぴーちゃが、ノンタンとタンタンを入れ違って持って帰ってきたんだ。
でも結局は2冊とも読んであげるんだから、一緒なんだけどね。

2006年6月5日

2006.06.05.13:31

今日は月曜日。
先週末持って帰って来たものや、先週のぴーちゃお着替え騒動(?)などがあって、今日はお荷物が多い。
それでもバスまで持って行ってしまえばこっちのもの。
あとは先生、お願いします。

実は今日からバス停仲間が増えるんです。
同じマンションに住む、ぴーちゃと同じクラスのしゅうご君。
しゅうご君ママとは、最近仲良しになってお家を行き来していたのですが、しゅうご君が思っていたよりも早起きで、幼稚園に早く行きたがっている事や、これから梅雨に向かって送迎も大変になる事などで、バス通園に切り替える事にしたそうです。
(本当は金曜日から知っていた事でしたが)
2歳児クラスがゴロゴロとしている光景は、何とも可愛いですね。
ところがおにーちゃんズの一人、ゆうき君がいない。
しんや君と一緒に来たパパによると、舌に出来物が出来ているそうで、今日はお休みなんですって、おだいじに。

お迎えでバス停に行くと、しゅうご君のパパもお迎えに参加。
ゆうき君は結局、舌に口内炎が出来たんだそうで、ママと一緒にお迎えに。
たいした事なくて良かったね。
さてバス停でみんなと別れてしゅうご君のパパ、ママと私とで帰ろうとした途端、ぴーちゃが私の手を振りほどいて遊ぼうとしたらしく、そのままバランスを崩してアスファルトの道路にゴン!おでこから突っ込んで、両膝と右手の手のひら、左の肘、おでこの真ん中に怪我をした。
もちろんぴーちゃは大泣き、当然抱っこという事になる。
しゅうご君ママが、気を利かせてあーちゃを抱っこしてくれ、家まで連れてきてくれた。
ありがとうね、しゅうご君ママ。
ちょっとだけママを借りちゃってゴメンネ、しゅうご君。

2006年6月3・4日

2006.06.03.09:18

今朝、パチパチと手を叩く音で目が覚めた。
あれ、どっちか起きてるのかなと思ってそぉ~っとちびラ~ずの寝ているベッドを覗き込むと、ぴーちゃが寝転んだまま何かの振り付けをおさらいでもするかのように踊っている。
ちょっと、へん。

二人で遊んでいる時によく見てみると、片手をチョキにして、その手の甲の上にグーにしたもう一方の手を乗せている。
これは・・・かたつむり?
わぁー、こんな事まで出来る様になったのぉ?
でも何故かたつむり?とは思っていたけど、しばらく忘れていたところ、ちびラ~ずが何か歌っているのに気が付いた。
♪うーちょきばーでぇ、うーちょきばーでぇ、あにつくおー、あにつくおー♪
???おぉ!
♪グーチョキパーで、グーチョキパーで、何作ろう♪か。
それでかたつむり。
♪片手がチョキで、片手はグーで、かたつむり♪
なわけですね。

2006年6月2日

2006.06.02.11:11

昨日遊び着を汚してしまったので、二人分揃って洗った事で、幼稚園の名札を外していた。
今朝、急いで着替えの前に名札を付けていたら、あーちゃがすごく怒ってる。
えっ、何だ?と思ってよく見たら、あーちゃの遊び着にぴーちゃの名札を、ぴーちゃの遊び着にあーちゃの名札を付け間違えていた。
あーちゃはそれを指摘したかったようで、急いであーちゃに謝って付け直した。
遊び着には、それぞれフエルトで作ったマーク(あーちゃが濃いピンクのウサギ、ぴーちゃは薄いピンクのチューリップ)が付けてあるから、解るのは当然なんだけど、文字かぁ、あーちゃ、君は自分の名前の字の形が何となく判るんだね、母ビックリしたよ。

バス停に行く途中でベルちゃんとおばさんに会った。
フンフンと匂いを嗅いでくるベルちゃんの事を怖がって「怖いよぉ~」と言っていたあーちゃでしたが、今日は全然大丈夫。
ベルちゃんに匂いを嗅がせてあげる余裕すらありました、頑張ったね。
それを見ていたぴーちゃも、真似して怖がらなくなった。
ベルちゃんのおばさんも「やっと慣れたね、良かったわ」って言ってお散歩の続きへ。
私も一安心。
だって慣れてくれないと、ちびラ~ずがいる時にはベルちゃんと遊べないじゃん。

双子三大声掛け言葉~その1

2006.06.01.22:49

双子を連れているとまず真っ先に言われる言葉、また比率として一番多く出てくる言葉がこれ。
「大変でしょ?偉いわねぇ」

そりゃまぁ大変じゃないとは言わないですけど、育児ってもんは誰でも大変でしょう。
前にコメントでも少し書かせて頂きましたが(メロさん、ネタをありがとうv)、うちの場合は最初の子供が双子だったので、最初からこれだったせいでいわゆる「双子の大変さ」というものには鈍感な方だと思います。
先に一人子供がいて、下の子が双子という場合の方が双子の大変さは実感していると思いますよ。
もし周りにそういう人がいたら、それはお母さんを褒めてあげて下さい、それはもう大変だから。
たまに聞く話ですが、双子を育てた後、兄弟が出来ると育児がすごく楽に感じるって言います。
要するに「子育てはみんな大変!」なんですよ。
だって人間が十人十色なんだから、子供に対する接し方も育ち方も十人十色じゃないですが。
たまたまうちはその内の二色が来ちゃっただけですしね。

「偉いわね」という言葉も、少し褒めて頂ける分にはありがたくって育児の疲れも飛んじゃったりするけど、たまにいるんですよね、褒めちぎってくれる人。
特別すごい事してるわけじゃないですから、ただ子供育ててるだけですから。

世間の皆さん。子供育ててるお母さんは、みんな大変で偉いですから、一人っ子でも双子でも同じようにお母さんは大変で偉いんですから、そこんとこ勘違いしないで下さい。

2006年6月1日

2006.06.01.13:30

今朝は検尿・ぎょう虫検査の提出日。
まだトイレでしたことの無いちびラ~ずからおしっこ取るなんて・・・と考えた挙句、イチゴなどのプラスチック容器をトイレに置き、そこにさせることに。
でも先に起きたあーちゃは、時間が早すぎたためか出ない。
ぴーちゃで何とか成功!
やったー、ぴーちゃ初めてトイレでおしっこだぁ。
なんてバタバタしてたら、毎月1日に持たせる「通園バス代」、袋に入れて持たせる事を忘れて出かけるところだった、あぶない危ない。

お迎えに行くと、バスから降りてきたぴーちゃの姿が朝と違う。
同行してきた先生が、服を汚したので着替えさせて、手提げ袋に服を入れましたと渡してくれた。
しかもバスからは一人しか降りてこない。
あーちゃは?と思っていると、他の子たちが「あーちゃ、寝てるよ」って教えてくれた。
今日はあーちゃが帰りのバスで寝てしまったらしい。
起こされると抜群に機嫌が悪くなるあーちゃは、「いや~、いや~」と叫びながらバスの手すりに摑まったまま降りようとしない。
しょうがないので、バスから抱っこで降ろして、そのまま抱っこで家まで帰ることにする。
家に着いて「お便りファイル」を見ると、先生からお手紙で「はだし遊びで、遊び着とTシャツを汚したので、着替えさせました」と書いてあった。
実際見てみると、先生が洗ってくれたみたいで遊び着とTシャツはそんなに汚れていなかったけど、白い短パンのオシリが真っ黒。
早速あーちゃの遊び着も合わせてお洗濯。
乾きの早い生地だから、明日着せるのには余裕で乾くね。

他にも幼稚園から、「ネームカード表示のについて」と「6月10日の“家族で遊ぼう”の会」についてのお手紙があった。
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。