スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年2月6日

2007.02.09.20:09

昨日二人とも「トイレ・トレ」セットが帰って来たので、また新たに1セット持たせます。
でもあーちゃが「パンツ、いやだ・・・。」と。
元々あーちゃはまだやる気があまりなかった事もあったので、「もしパンツ嫌だったら先生にパンツになりませんって言うんだよ」言い聞かせました。
あーちゃ自身も私にそう言われた事で、今すぐパンツに変わるわけじゃあないと判り、気分が落ち着いたようです。

その日帰ってくると、あーちゃの先生のお手紙に「今日はパンツは履かないと言うので履かせませんでしたが、お弁当の後に少しだけパンツを履いていました。」と書いてありました。
あまり刺激してもいけないかなぁと思って、パンツの話はあーちゃとはしていませんが、過去を振り返ると、大体新しい事はぴーちゃが率先してチャレンジしていって、あーちゃはそれを見ながらゆっくり練習していくというタイプなので、今回のトイレ・トレーニングもそうなるのかもしれません。
あーちゃに比べてぴーちゃは今日も着替えの時にトイレに行き、ちゃんと出来たのでかなり満足げでした。

今日は「幼稚園文庫」の貸出日で、あーちゃが「ばぁっ!」という本、ぴーちゃはミッフィーの「あなたはだあれ」という本を借りてきました。
それぞれに何故その本を借りてきたのかを質問してみると、あーちゃは「ばあっ!」という本の表紙の絵がアカンベをしている女の子の絵だったので気になったんだそうです。
そういえばあーちゃは「あかんべノンタン」が好きだものねぇ。
ぴーちゃが「あなたはだあれ」という本を借りたのは、表紙にブルーナーさんの描くゾウさんの絵があったからだそうです。
ぴーちゃはこのゾウさんが好きで、ミッフィー展でわざわざゾウさんのぬいぐるみを買ったくらいですし、ゾウと言ったら何よりババールも大好きなんですもの。
リアル象さんは怖かったようですけどね。
スポンサーサイト

2007年2月5日

2007.02.08.09:36

いつも週の始めの日は大荷物なんですけど、今日はいつもに増して荷物が多いのです。
というのは、今日からトイレ・トレーニングをする為の着替え(パンツ・着替えのズボン・靴下)を持たせるからです。
トレーニング用の着替えは、普段預かり保育で持っていくアンパンマンの手提げに入れて行きました。
アンパンマンの手提げが嬉しかったらしく、あーちゃは自分の幼稚園の荷物が入った手提げは持たずに、アンパンマンの手提げだけを持っています。
ぴーちゃはかなりヤル気になっているようなのですが、あーちゃはイマイチ。
それでもぴーちゃだけが特別に荷物を持っていくのも気に入らないでしょうし、まぁうまく行かなくてもいいからあーちゃも持たせてみよう位の気持ちです。

帰りのバスから降りてきたちびラ~ずは、二人とも「お荷物」付です。
家に帰るとぴーちゃの担任の先生のお手紙があり、一応園にいる時はパンツ、幼稚園の行き帰りはオムツと言う事で過ごすという事でした。
ぴーちゃは幼稚園でもトイレに行き少し出たそうなのですが、遊んでいる時に出てしまったそうで、それが「お荷物」で帰ってきたようです。
家で着替えをする時に「トイレ行ってみる?」と聞くと、ぴーちゃが張り切って「行く!」と言います。
早速連れて行くと、なんと!家のトイレでちゃんと出来るではありませんか!!
ぴーちゃ初トイレです。
この調子で、少しずつでもいいから進んでくれるといいんだけど・・・。
って言うより「トイレ!」ってちゃんと申告してよ。

2007年2月3・4日

2007.02.08.09:23

今日は幼稚園での催しがあり、ちびラ~ず父も一緒に幼稚園に行きます。
しかしちびラ~ずとしては、お揃い服を着て幼稚園に行くのに、いつもの園バスは乗らないで路線バスで行くっていうことが納得行かない様で、特にぴーちゃはいつまでもゴネています。
それでも幼稚園に着いてしまうとお友達も来ていますし、お父さん・お母さん達もたくさん来ているので興奮しています。
2歳児クラスの子供たちには、木製のコマとそのコマを回すための添え木が入った袋を渡され、自分のマジックで父兄と相談しながら好きな色に塗ってゆくのです。
今日の催しはどこのお部屋でも自由に行って良い事になっているので、2歳児クラスの子の中でも兄弟のいる子たちは、お兄さん・お姉さんも一緒に遊んでいます。
年少さんは筆柿のような形のコマを、年中さんは徳利のような形の物の上に小さい丸いチップを積み重ねていくおもちゃを、年長さんは三日月のような物の上にいくつかの木のブロックを派ランすよく乗せていくというおもちゃのようで、それを自分の好きなようにマジックで彩色していくのです。

作業が始まると子供たちは思い思いの色のマジックを手に、色を塗っていきます。
が、やはりそこは2歳児クラス、なかなかきれいに塗るとかバランス良く塗るというのは出来ません。
やはり親はそれが気になってしまうものなので、ついつい口を出したりしてしまうのですが、子供も自分なりの構想があるのでそうそう手を出させてはくれないようです。
ちびラ~ずの場合、なぜかあーちゃは黒や茶色を多用して、明るさに欠けるコマになります。
先生も「う~ん、モード系かなぁ?」って言ってるし。
ぴーちゃは今に限った事ではないのですが、こういう時は端から手持ちの色の全てを使うというのが自分ルールらしく、いろんな色が混在しています。
そして、コマを回してみながら色を足していったりするんですが・・・。
教室内を見ていて気がついた事が。
なぜかパパ達のほうが気合入ってる?
たまたまうちの家族の近くに仲良しのしゅうご君パパと最近編入してきてあーちゃと仲良しのはなちゃんパパが居たせいでしょうか、ちびラ~ず父も合わせて3人のパパがコマを回そうとするんだけど、子供たちはコマを渡したくない。
でも子供だけではコマがうまく回らないので、パパ達が一生懸命子供たちにコマの回し方を教えようとして手を出すと、子供が怒るということを繰り返しています。
あとでちびラ~ず父に聞いてみると、男の子的にコマ回しというのは燃えるんだそうです。
作業もひと段落した頃、先生の合図でみんなの「作品」を順に発表していきます。
先生におもちゃのマイクを向けられると、自分の名前と自分が塗った物を他の子たちに見せるという「発表の時間」です。
こういう事は普段の工作や絵を描いた時なども行っているそうで、みんな得意げに自分の作品を見せています。
ちびラ~ずもちゃんと大きな声で自分の名前を言って、みんなにコマを見せていました。
それからみんなでコマで遊んだり、他のお兄さん・お姉さん達のおもちゃで遊ばせてもらったりして、今日の催しは終了です。
このコマはちびラ~ずにとっても面白いおもちゃのようで、家に帰ってからも(特にぴーちゃが)一生懸命自分ひとりで回せるように練習しています。

2007年2月2日

2007.02.08.09:22

今日は週末ですが、明日幼稚園の行事があって行く事になっているので、荷物は持って帰って来ませんでした。
ですがカバンに何やらビニール袋が。
何かと思って見てみると、鬼のお面が入っていました。
よく見るとみんなのカバンにも鬼のお面が入ったビニール袋が入っています。
幼稚園で豆まきの行事があったようで、ちびラ~ずも口々に「鬼だよ!」「鬼は外、福は内なの」と言っています。
ちびラ~ずが作った鬼たちは、それぞれ全然違い、個性たっぷりでした。
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。