スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年4月26日

2007.04.27.15:03

前の学期からずっと気になっていた事があるのです。
幼稚園に持って行く「手提げカバン」なのですが、ぴーちゃがいつも引きずって歩いていたせいで、底のほうに穴が開いているのです。
持ち手に近いほうをデニム、底のほうをキルティングで作ってあったのです。
逆にして置けばよかった。
そこで逆仕様「手提げカバン」を春休み中に作ろうと思っていたのですが、春休みにちびラ~ずの風邪がうつってほとんど何も出来ないに近い状態でした。
そこで、新学期になってから少しずつ作っていたんですが、やっと出来ました~!
今日は「幼稚園文庫」の返却日なので、ちょうど良かった。
おまけに今日は延長保育です。
新しいカバンを持って、延長保育のお着替えも持って、幼稚園に出発です。

家の近くの洋品店の特売日にも当たっていたので、ちびラ~ずのトレーニング用パンツを買い足しにお店へ。
トレーニングパンツは、ベビー用品です。
その後、夏に向けて新しくサイズの大きな下着を買いに、地下の下着売り場に移動。
ちびラ~ずは上半身に着るものはキッズサイズですが、ズボン・スカート等はまだベビーサイズという中途半端なところにいるのです。
初めてちゃんとした下着売り場を見て、サイズを確認している時に気がついたのですが、今までとちょっと違うんです。
だって、下着の周りにフリフリとレースが付いている!
うわぁ、女の子の下着だ!
ちょっとした衝撃でした。
スポンサーサイト

2007年4月25日

2007.04.27.00:16

朝からザアザアと強い雨が降り、天気の悪い一日になりそうです。
園バスも、いつもなら先生がみんなを並ばせて、元気良く「いってきます」とご挨拶をするんですが、今日みたいな日は、子供たちをバスに乗せるだけでも大変です。
ザーッとカッパを拭いて、急いでバスに乗せるとすぐ出発です。
天気予報ではずっと夕方まで雨が降るようなことを言っていたけど、どうなるのかしら?

と思っていたら、結局朝のあの時間帯が一番降りがひどかったようで、昼過ぎのちびラ~ず父とのお迎えの時にはほとんど止んでいました。
みんなと別れて、いつも同じマンションに住むしゅうご君とまなと君と子供4人と保護者(今日は5人)とで帰って来るのですが、今日はちびラ~ずがダラダラしていたので、しゅうご君たちは先に帰ってしまいました。
お隣同士のちびラ~ずとまなと君とでエレベータに乗って、家のある階のボタンを押して上がっていくのを待っていたら、急にぴーちゃがしゅうご君の家の階のボタンを押してしまった。
こら~、しゅうご君乗ってないじゃない!
いつもの習慣からなのでしょうか?
やはり何か押しておかないと、気分が悪かったのでしょうか?
ぴーちゃのみぞ知る、でした。

夕方、ちょっとした出来事があったので、今日は外食を兼ねてお買い物に。
近くのスーパーに併設しているファミリーレストランに行きました。
帰りに食料品売り場を見ようとすると、ちびら~ずが「くるまにのりたい!」と騒ぎ出します。
子供が乗れる車のついたカートがお目当てなのですが、うちは双子。
ゼッタイに2台空いている事が条件なのです。
今日は、駐車場のカート置き場にたくさん置いてあったのは(両親共)確認済みだったので、イザとなったら駐車場までカートを取りに行く事も考えましたが、運良く売り場の脇に2台ありました。
ちびラ~ずも大満足です。
やはりこういう時に我慢させなければならない事もあるので、双子だと可哀想かなぁと思う時もあるんですよねぇ。

2007年4月24日

2007.04.27.00:11

朝、着替えているちびラ~ずに、今日は延長保育で夕方まで遊んで来て下さいという話をすると、あーちゃが「(お昼ご飯は)食券?」と聞いてきた。
違うよと答えると「え~、食券がいいのにぃ~」だって。
えー、これでも母は頑張ってお弁当作っているつもりだったのに。
しかも今日は週に一度のバンの日。
調理パンが少し苦手なちびラ~ずには、パンの日は食券使った事なかったので、今日はパンの日なんだよと教えると、「パンでもいいよ」と言う。
ガ~ン!母の作るお弁当は不評なの?
少しショックを受けながら、「でもお弁当作っちゃったよ」と言うと、「お弁当がいいー」と叫ぶちびラ~ず。
お弁当がいいの?食券がいいの?どっちなの???
朝から母のテンション落ちました。

夕方、父と二人でちびラ~ずを迎えに行くと、なんだかすごく楽しげ。
園長先生も来て、少しお話しました。
(声をかけて頂いて、ありがとうございました。)
家に帰る時も、ちびラ~ずは楽しくてしょうがないという気分のようでした。
おまけに、ちびラ~ずと父の夕ご飯にと焼いたホッケの干物。
ほとんどちびラ~ずに取られてしまい、父は干物があまり食べられなかったと嘆いてます。
元々、お肉よりお魚のほうが好きな和食派ではありますが、この時の食べ方はすごかった!
二人で交互に「さかな、さかな」と連呼し、親がご飯が食べれないくらいのペースでした。
夜、ちびラ~ずが寝てしまってから、父と「今日はよっぽど延長保育が楽しかったんだねぇ」という話をしていると、ずいぶん前の話だけど、と父が話し始めました。

父が家にいる時は、いつも3人でお風呂に入るのですが、ある時ぴーちゃに父が「今日は幼稚園で、何してきたの?」と聞いたんだそうです。
するとぴーちゃは色々説明(良く解らなかったらしいのですが)してくれて、最後に空を見つめて夢見るように「楽しかったぁ~」と言ったんだそうです。
特にぴーちゃには、そういう感傷的な部分があるようで、たまに感慨深げな言葉を漏らすことがあります。
きっと今日の気分も「楽しかったぁ~」だったんでしょうね。

それと今日は「幼稚園文庫」の持ち帰り日だったんですが、あーちゃが「ババールのA・B・C」、ぴーちゃが「ふしぎなポケット」でした。
この本たち、一体何回うちに来た事でしょう。
もうおかーさん、先生にコメント書く事なくなっちゃったよー。

2007年4月23日

2007.04.25.00:26

最近、朝の悩みの種は、ぴーちゃの「ねむいよぉ~」の声。
朝起こして、なかなか起きない。
「でも幼稚園に行くでしょ?」と言うと、「だってぇ、ねむいんだもん」と言って、いつまでもゴロゴロしている。
もちろん幼稚園に行きたくない訳じゃないし、夜遅く寝ているのでもないのにね。
つまり、どっかで甘えたいだけなんだろうけど、朝ご飯の時間が少なくなっちゃうのは困っちゃうなぁ。

降園のバスから降りてくるぴーちゃを見ると、あら?シャツがお着替えされている。
最近ぴーちゃのトイレトレーニングは、一進一退のようで、“おみやげ”を持って帰ってくる事も多いのです。
家に戻り水洗いされたブラウスなどを洗濯機に入れ、お手紙の確認をして、ちびラ~ずの手洗いの補助をしていると、ぴーちゃの担任の先生からお電話。
なんでも、バスに乗る少し前にお漏らししてしまったらしく、連絡のお手紙も入れずにすみませんとの事。
そんな気にしなくっても、ぴーちゃの姿を見たらすぐ判りますって。
ちょうど手を洗いながら待っていたぴーちゃが、「(お電話)先生?」と、少し不安そうな顔で聞いてきます。
どうしたぴーちゃ、その不安げな顔。
先生が母に何か告げ口するとでも思ってるの?
少し心配になったので、ぴーちゃには「先生がね、ぴーちゃがちゃんとおしっこ出来てますよ、大丈夫ですよって言ってたよ」と教えると、ぴーちゃはとても嬉しそうに、「ほんとう?」と答えます。
「うん、ぴーちゃはね頑張ってますよって、先生が」と続けると、「がんばってるよ」と満面の笑みで返してきました。
先生に褒められているという事が、ぴーちゃの励みになったようです。

2007年4月20日

2007.04.25.00:19

昨日のトイレトレーニングの“おみやげ”があるので、今日は通園カバンが少しだけ重たいかも。

2007年4月19日

2007.04.19.22:37

お揃い服にお着替えをしながら、「今日は食券のお昼ご飯と、幼稚園が終わった後はバスに乗らないで幼稚園で遊んでいてね」とお話します。
今日は、大人の都合で延長保育にお願いするのです。

着替えが終わって朝ご飯を食べている時、あーちゃが「F先生は?」と聞いてきました。
あーちゃの去年の担任で、3月に急逝されたF先生は、もう1人の年配の先生と一緒に延長・預かり保育の主な担当の先生でした。
ちびラ~ずには、あえて先生のお話はしていませんでしたが、あーちゃは園にF先生のお顔が見えない事が気になっていたんでしょう。
私も、一瞬どう答えてよいものか迷い、「F先生はね・・・」と言葉が詰まってしまいました。
するとあーちゃは、「(先生は)おしごと?」と聞いてきます。
そこで「先生はお仕事に行っちゃっているから、来られないんだよ」と言うと、「ふ~ん」と納得したようでした。
あーちゃの言葉を聞いて、今度F先生の事を聞かれることがあれば「先生はお空の幼稚園の子供たちが待っているから、お仕事に行ったんだよ」と言う事にしようと思いました。
多分F先生も、お空の幼稚園にいるたくさんの子供たちの為に、あの優しい笑顔を見せてくれているのじゃないかなぁと思います。

夕方、ちびラ~ず父と一緒にお迎えに行くと、それぞれの担任の先生がいたので少しお話をしました。
ぴーちゃの「幼稚園文庫ノート」に無かったシールは、途中剥がれてしまったようで、先生がすぐに直してくれたそうです。
そして「ぴーちゃは最後までちゃんとやらないと、気がすまない子なんですね」と早くもぴーちゃの特長を掴んでくれているようです。
あーちゃの先生からは、「今日はあーちゃはず~っとパンツなんです。何だかコツを掴んだようで、先生トイレ!って言ってトイレにも行ってるんですよ」とお話。
これには両親ビックリ。
なにしろあーちゃは、まだ家ではトイレ成功した事無いんです!
そして帰るのでとりあえずオムツに履き替えることにして、年の為トイレに行って帰ってきたあーちゃを見て、父がショックを受けました。
「あーちゃ、1人でズボン穿けたのか!」
父は今まで、あーちゃの「はけな~い」をずっと信じて、ズボンを穿かせていたそうです。
私も「(あーちゃは)穿けるよ」と言うと、ちょっとブルーになっていたようです。
先生も「パパには甘えているんですね~」と。
そうです、子供と言えども家でのプライヴェートの顔と、園でのオフィシャルの顔を使い分けているのですよ。

2007年4月18日

2007.04.19.22:36

先生方の研修会があるので、今日は11時降園。
ちびラ~ずは10時30分過ぎには帰って来ます。

そんな中での朝のバスの風景。
みんなで並んで「いってきます」のご挨拶をして、順番にバスに乗り込んで行きます。
この間まで一緒だったしんや君は、パパと一緒に小学校まで行くので、お見送りです。
あーちゃがしんや君に「おにいちゃん、いってきま~す」と手を振るのを見て、弟で年中さんのゆうき君が「今度からは僕がおにいちゃんだからね」とあーちゃんに囁いたのです。
それを聞いていた私とゆうき君のパパは「これはプチ嫉妬か?」と大盛り上がり。

2007年4月17日

2007.04.17.08:50

今日はせっかく早くお着替え出来たのに、出かける間際になってあーちゃがウンチと言い出し、その処理の為に家を出るのがギリギリに。
今朝は小雨が降っているので、カッパを着せて行こうと思っていたのに、外に出るととっても寒くて・・・結局コートを着せて出かける事に決めた。
そうとなったら、着るつもりでいたカッパをしまって、ちびラ~ずに持たせなけりゃと急いでカッパを畳んだのに、あんまり焦っていたので出掛けに持たせるのを忘れちゃった。
バスの時間は迫っているし、出かけた後に気がついたので、もうどうしょうもない。
仕方なくバスに同乗している先生に「カッパ持たせるの忘れたんで、後で持って行きますから」とお話した。
あ~あ、今日で良かった。
え?何で今日で良かったって言ってるかというと、今日は保護者会があるので、どっちにしろ後で幼稚園に行かなければいけないのです。

で、保護者会に行ってきました。
いつも通り、新任の先生の挨拶や、各クラス担任の先生方から今年の教育方針の発表や入園から一週間の子供たちの様子などのお話、園長先生のお話などがありました。
担任の先生方のお話は、自分の子供の受け持ち学年の場合は納得しながら、他の学年は感心させられる事もあって、興味深いし、園長先生のお話も、毎回色々反省あり心に残る事もありで、ためになります。

お話が終わると、今日はとっても寒かった事もあって、前からずぅ~と入ってみたいと思っていた幼稚園の近くの喫茶店へ。
古い商家に少しだけ手を入れただけのような小さな喫茶店(というか喫茶室?)があって、もう何年も前から一度入ってみたかったのですが、、、個人的には好みでした♪

ちびラ~ずが帰って来てからおやつを食べていた時に、あーちゃが「おかあさんがしょうた君のママと(幼稚園に)いたんだよ~」と言っていました。
そう、保護者会の会場は幼稚園のホールで、そのホールに面した2階の教室がちびラ~ずの教室なのです。
今日座っていた座席が、たまたまあーちゃの教室から見える所で、下の様子に気付いた子供たちが、順番に覗き込んでいたのですが、もちろんその中にはあーちゃもいたのです。
母が何をしに行ったのかまでは、まだ良く解っていないようですけどね。

ちなみに、今日は年少組になってからの初めての『幼稚園文庫』の本の持ち帰り日だったのですが、あーちゃは「ノンタン およぐのだいすき」を、ぴーちゃは「でんぐり でんぐり」を持って帰って来ました。
あーちゃは相変わらずノンタンなんですね。
ぴーちゃの借りてきた本は初めて見る本なので、ちょっと楽しみです。

2007年4月16日

2007.04.16.09:38

朝はなかなか起きてくれませんが、幼稚園の新体制には慣れて来たのでしょうか、それとも新しくおろした通園靴のせいでしょうか、ちびラ~ずは朝からハイテンションです。
ただ、買ってから気がついたのですが・・・この靴、自分で履くのは難しいかも。
ごめん、先生か世話好きなおねえちゃんに履かせてもらって。

2007年4月14・15日

2007.04.16.09:34

今週末のちびラ~ずは、父と一緒に近くの公園に遊びに行かれてご満悦。
海際の公園は、遊具はあまり多くないけど、噴水あり、高低差のある芝生あり、走れるぐらいの広さとウッドデッキのある、ちびラ~ずお気に入りの場所。
もうそろそろ遊具のたくさんあるちょっと離れた公園に行っても良いかとも思うんだけど、桜並木の遊歩道を抜けて途中のパン屋さんでジュースも買って(常連さんです)思いっきり走れるこの公園のほうが、やっぱり好きみたい。
その間に母は、幼稚園に通う時の靴を買いに行きます。
ちびラ~ずは、年齢の割には足が小さいのでしょうか。
ベビーとキッズの中間ぐらいのサイズは難しい。
ベビーサイズだと“いかにも赤ちゃん”って感じだし、キッズサイズだとキャラクター物だとか、色が派手だったりするし・・・。
私としてはシンプルな白(またはベージュ系)っぽいものが欲しいと思っているので、どこの靴屋さんに行ってもなかなか希望の品は見つからない。
昔風のズック靴みたいなものって、今は無いんだねぇ。


ところで、靴といえば足ですが(?)、ぴーちゃには足にまつわる話があるのです。
まだ幼稚園に通う前、2歳になった頃のちびラ~ずは、夜寝る時にとても時間がかかりました。
これは親の私もいけないと思っていたのですが、やはり私一人で双子を見ている事もあって家事も追いつかず、子供たちを外遊びに連れて行くことがなかなか出来ませんでした。
肉体的な疲れが無い子供は、夜ベッドに入っても全然寝てくれません。
早くても30分、長い時は1時間以上かかってやっと寝てくれるという状況です。
しかもその頃のちびラ~ずは、あーちゃが主導権を握っていて、全てにおいて「あーちゃが一番!」状態でした。
ぴーちゃは、あーちゃがぐずり始めると面倒になってしまう様で、自分が引く事でその場を収めようとするのです。
もちろんぴーちゃだって我儘は言いたいし、甘えたいのですが、それがうまく表現できずにいる様に見えました。
ある夜、なかなか眠らないぴーちゃに添い寝をしながら、ふと、足を触ってみると、足の親指の皮膚にちょっと固くなっている場所があることに気がつきました。
足裏マッサージに行くのが好きな母の知識から言うと、親指って頭に対応する部位だったよなぁと思いついた。
という事は、ぴーちゃは結構ストレスを溜めているって事だよね。
そこで足全体を含めたマッサージ、といっても軽く揉んだりさすったりするだけですけど、するようにしたんです。
これがとても気持ちよかったようで、しかもリラックスできるらしいのです。
しかもこの「足裏マッサージ」をすると、いつもより早く寝てくれるという特典付き!
ぴーちゃは毎晩王様のように、「ん!」と足を突き出すようになりました。
その後幼稚園に通い出し、十分な外遊びが出来るようになると、自然に早く寝付くようになりました。
ある時、久しぶりにぴーちゃに「足裏マッサージ」を行うと、、、あら?足の親指の固くなっている所が無くなってる!
これは驚きでした。
幼稚園に通うようになって、あーちゃとはクラスも別で、自分一人で行動することも多くなったせいでしょうか。
ストレスが減って、ぴーちゃにとっては色々良い事があったようです。

2007年4月12日

2007.04.16.09:33

まだまだぴーちゃのストレスは無くならないようです。
朝からミニタオルを握らないと、何も出来ないようです。
仕方ないので、また担任の先生にお手紙を書きました。
ところが、バスに乗るまではミニタオルを持っていたのに、バスに乗る直前、「これいい、あげる」と渡されました。
えぇぇ!お母さん、先生にうそつきになっちゃうよ。

2007年4月11日

2007.04.11.09:17

今日からバス通園が本格的に始まります。
最初の1ヶ月(GWまで)は「慣らし保育」の意味もあり、降園時間は早めなのですが、行きも帰りもバスに乗って帰って来るということは、子供たちのバスグループの連帯感も盛り上がるのです。
しかも今週は「幼稚園に慣れる」ことが主眼なので、お昼ご飯もお弁当ではなく、全体パン給食の為にお弁当を作らなくって良いんですもの!

ただ困った事に、ぴーちゃの不安感はまだ続いているようで、今朝はミニタオルを持ってないと何もしないようです。
朝起きた時も、唇の粘膜に近い部分が真っ赤になっていて驚いたのですが、これはストレスが溜まったぴーちゃのクセで、唇の皮を剥いてしまうのです。
幼稚園での行動が少し心配になったので、担任の先生にお手紙を書いて状況だけお知らせしました。
結局、バスに乗る時もミニタオルを手放せず、タオルを握ったまま幼稚園に行きました。

2007年4月10日

2007.04.10.09:26

「おはようございま~す」
今朝からバス通園のメンバーが増えます。
マンションのお隣のまなと君、年中さんです。
ゆうき君と同じマンションに住んでいるルナちゃん、年少さんでぴーちゃと同じクラスです。
これでここのバス乗り場は、コース最高人数になります。
在園児はいつも通りなので、バスを待ちながらも走り回っていますが、新入園の子達は緊張からママの隣で大人しくしてます。
でもね、バスが幼稚園に着いたら、みんなで外遊びをしてるうちにすぐ仲良しになっちゃうからね。
みんなで一緒に走り回る日も近いですよね。

ちなみに今日は防災訓練の日なので、11時前にはお迎えに行きます。
ここでちょっと防災訓練のお話を。
ここの幼稚園では、普段の連絡網は携帯やPCなど、メールの受信が行える機器への連絡という事になっています。
10時半過ぎに、幼稚園から「近隣より出火し、類焼の恐れがあるのでお迎えに来て下さい」というメールが入ります。
空メールで返信し、自宅を出て幼稚園までお迎えに行きます。
幼稚園で子供を引き取り、自宅に戻るので、何かあった場合にどのようなルートで迎えに行き、帰ってくるかを親子共々考えるという事だと思います。
それと在園生の父兄は、今日始めて新しいクラスの教室に行くのです。
昨年のちびラ~ずは、2歳児クラスが便宜的に2クラスに分かれていただけなので、こういう場合はどちらかのクラスに移動して待たされていましたが、今回からは別々のクラスですので二つの教室に迎えに行く事になります。
と言っても隣同士の教室ですけどね。

メールを返信し、トイレに行って食器洗い機のスイッチ入れて・・・出発。
幼稚園に行く道すがらお子さん達を引き取って帰る父兄を見ていたら、少々のんびりとし過ぎていたようで、経験済みな事だけに少したるんでいた自分に反省。
まずあーちゃの部屋に行くと、去年度ぴーちゃの担任だった先生と「またよろしくお願いします」とご挨拶。
仲良しのはなちゃんもまた同じクラスで、はなちゃんにもご挨拶。
お隣の教室でぴーちゃのクラス担任は2歳児クラスに入る前、お遊び会の時の担当の先生の1人なので「今年はよろしくお願いします」とこちらもご挨拶。
ぴーちゃの仲良しさんのくるみちゃんがぴーちゃと同じクラスなので、くるみちゃんにもご挨拶「またよろしくね」。
ちびラ~ずを連れて下駄箱に行くまでにも、2歳児クラスの時のお友達のママと「クラス違っちゃったけど、また一緒に遊んでね」とか、「また同じクラスだね」なんて、忙しく声を掛け合ったり、帰り道でも知ってる子や知らない子様々に「バイバ~イ」「また明日遊ぼうね~」なんてお話したり。

長い下り坂を降りて私鉄駅まで来ると、あーちゃの足がピタッと止まった。
何かグズグズ言っているのをよく聞くと「ジュースぅ~」。
駅裏のファッションビルの地下は食品売り場など充実しているのでよく買い物に来るんだけど、そこにあるジューススタンドがちびラ~ずのお気に入り。
ジュースを飲まなきゃ動かない!って気配のあーちゃに仕方なく従う。
本当は防災訓練なんだから、早く帰りたいんだけどなぁ。
ジュースを飲んでたら、お向かいの漬物屋のおばちゃんが「もしかして前によくベビーカーで来てたふたごちゃん?まぁ、大きくなっちゃって」って話しかけてくれて。
すみません、私ここで漬物ほとんど買ったこと無かったのに覚えててくれたんだぁ。
今度は買わせて頂きます、漬物。
ジュースも飲んだし帰ろうと思っていたら、今度はぴーちゃがグズグズ。
お買い物しよう、まだ帰らないだって。
今度は1階の喫茶店の焼きたてパンをおやつに買う約束をして、なんとか連れ出し成功。
でも思わぬ散在にトホホ。
パンも買って、やっと家まで帰ってきたけど、パンを食べ終わる頃には「眠い~、疲れた~」と寝てしまうちびラ~ず。
なになに?今日は幼稚園にいたのだってほんの数時間じゃない?
意外な展開に母もちよっと驚き。
結構新クラスで気を使っていたのかな?

2007年4月9日

2007.04.09.15:59

今日は幼稚園では入園式でしたが、ちびラ~ずは年少組ですが「在園児」なのでお休みです。
まぁ~早いものですね、今考えてみると。
去年の入園式では集合写真一枚取るのにもてこずっていた子供たちですが、最近ではちゃ~んと節分の写真に皆で納まっていましたものねぇ。

で、今日のちびラ~ずですが、3歳6ヶ月検診で保健所まで行って来ました。
朝、保健所まで行く路線バスを待っていると、知らないおばあちゃまが話しかけて来ました。
やはり双子は目立ちますし、小さい頃から本当によく話しかけられることが多くて、ちびラ~ずもそのせいかお爺ちゃん・お婆ちゃん好きと言うか、とても愛想良くお話しする習慣がついているので、そのままバスに乗っておばあちゃまが下車するまでずっとお話していました。
保健所に着くと、保健婦さんとのお話(子供の知的認識を確認する為のお話や、母親に精神的問題などがあるかなど)をして、身長・体重を測定し、内科検診、歯科検診で終わりです。
ちびラ~ずは特に問題はなかったのですが、やはり取れなかった検尿を希望する場合は後日また連絡が来る事と、親族(私の姉)が斜視なので眼科の2次検診の連絡があるかもしれないというお話でした。
それ以外はちょっとおヤセさんなだけで、虫歯も無く問題なしという事でした。
検診では、2歳児クラスで一緒だったあやかちゃんとバッタリ!
ママさん、最近まで検診の事忘れてて慌てちゃったって言ってました。
今年度は別々のクラスになっちゃったので「残念だね~」って言って、また明日から一緒に遊んでねーと別れました。

さて検診も終わり帰ろうかと思いきや、待合所に置かれていたオモチャの山に夢中で中々離れられないちびラ~ず。
今日はお利口さんだったからオモチャ買って帰ろうかぁ?と言っても「やだ、あそぶ」の返事。
じゃあご本買って帰ろうかぁ?の問いにも「あそぶ、いかない!」だそうで・・・。
どうしようかと困っていた時「じゃあ、美味しい物食べに行こうか?」と言ったら、すんなり「うん、行こう行こう!」だって。
うわぁ~「花より団子」な子たちだぁ。

普段なら10分ぐらいバスに乗って帰る所を、親の思惑に則り、遠回りになる徒歩ルートをひたすら進む事にして、なんとか疲れさせようと企みます。
国道沿いにJRの駅まで歩き、たまたま来た電車が行くまで眺め、海沿いの公園(大人向け)のウッドデッキをそぞろ歩くと大きなダイエーに。
そこでウインドゥショッピングをしたり、絵本を買ったり(結局買わなきゃ動かなかった)、軽食を食べたりして、向かいの建物にある大きな100均へ。
そこでオモチャを買おうと言うと、ぴーちゃが「ラッパがいい」と言う。
実は前に別の100均でラッパが欲しいとかなり駄々をこねられたけど、その時は普通の買い物だったので、あえてオモチャを買うことはしなかったのだけど・・・。
それから数ヶ月。
そんなにラッパのオモチャが欲しかったのか。
ところがその100均にはラッパが無い!
かなりショックなぴーちゃ。
しょうがない、ここはまだまだ歩いてラッパのあった100均まで行こうじゃないか!!
短い距離とは言え、私鉄の隣駅にあたる中心街までひたすら歩く。
西友の4階の100均まで、疲れ切り、無言で歩く親子3人。
そしてお目当てのラッパのオモチャを見つけると、イキイキと選び始めるぴーちゃ。
レジまで行き、あーちゃ・ぴーちゃそれぞれにちょっと違う形のラッパのオモチャを買い、やっと家路に着く。
が、さすがに疲れたんでしょう。
家に帰って手洗い・うがいをした途端、ぴーちゃは眠くてラッパを抱えてお昼寝。
あーちゃはそれほど眠くは無かったけど、ぴーちゃも寝てしまったし、母に寝かされてしまってあえなく撃沈。
ということで、母はブログを更新しているのです。
(はぁ~、でも疲れた)

2007年4月7・8日

2007.04.08.15:14

昨日久々の幼稚園で疲れたのか、今朝の起床は9時半。
まぁ、それはそれで仕方ないでしょう。
ちびラ~ずにとっては、初めて体験する「進級」だったり「クラス替え」なのですから。
面白いなと思ったのは、前学期が終わってからあーちゃは意外と平気ですが、ぴーちゃは本当にナーバスに受け止めている事。
実は男の子遊びが好きで、年長組の男の子と仲が良かった(らしい)ぴーちゃにとっては、環境の変化は大きかったようです。
あーちゃは年中組の女の子と仲が良い様なので、今年度年長組として幼稚園に残っているお姉ちゃま達との関係は、依然良好なようです。
それ以外にもあーちゃの場合は犬的(人に付く)で、ぴーちゃの場合は猫的(家に付く)という感じもあったようです。
今日は一日DVD三昧。
最近お気に入りのDVDが、「げんきげんきノンタン」のシリーズ。
たまたまCSの放送で見かけたのが、とても気に入ってしまったようで、毎日のように「ノンタン、ノンタン」と言ってます。
もちろん幼稚園文庫で「ノンタン」のシリーズを気に入って読んでいたという下地もありますけど。
「げんきげんきノンタン」のDVDのお蔭で、最近はインチキ英語を話す事も多いんです。
それとこの日は(汚い話で恐縮ですが)ちびラ~ずのウンチ・デーでもあったようで・・・。
風邪を引いている時にあまり食欲が無かったこともあって、排便がスムーズに行われず便秘状態が続いているのです。
元々便秘気味なちびラ~ずで、その為に毎朝ヨーグルトを食べさせているのですが、なかなか思うようには出てくれず。
朝から順番に「おなかいたい。ウンチでる。」とウンウン唸る事数時間。
目出度く二人とも大漁です。
ホッとしました。


そして翌日。
またもや遅いお目覚めです。
先々週の風邪の影響もあるんでしょうが、体力的に少し落ち気味のようです。
今日は、幼稚園から貰った粘土(去年度使っていた物)で遊んでいます。
粘土遊びは二人とも好きなようで、一生懸命何か作っていますが、私には何を作っているのかよく判りません。
その後、明日の為に「視力と聴力の検査」をしました。
実は明日はちびラ~ずの3歳6ヶ月検診があるのです。
私の住んでいる市では、3歳6ヶ月検診は親が事前に視力や聴力の簡単な検査を行い、異常がありそうな場合は後日ちゃんと検診するという方式のようで、その為の問診表や検尿セットなどが送られてきていたのです。
ちょうど明日は入園式。
ちびラ~ずは在園児扱いなので、明日はお休みです。
という訳で、明日は朝から検診に行ってきま~す。
ただ、唯一の不安というのが、明日の朝おしっこ出るかどうか・・・。
ちびラ~ずはまだトイレ・トレーニング中。
しかも本人たちにまだ排尿の自覚があまり無いという状態なので、正直検尿採取できるか判りません。
5月ぐらいになると、幼稚園でも検尿あるし・・・。
昨年と同様、トイレにイチゴパックセットして座らせてみるか。。。

F先生に寄せて

2007.04.07.11:53

4月6日、子供たちが持ち帰ったプリントにF先生の訃報のお知らせがありました。
3月28日にご逝去されたそうで、突然の事に幼稚園から頂いたプリントからも驚きと戸惑いが感じられました。

F先生は、前年度あーちゃの担任として1年間お世話になりましたが、もちろん担任としてだけでなく、預かり保育時の先生としてもちびラ~ず二人が大変お世話になっていました。
何より私にとっては、前にこのブログに掲載した幼稚園選び・その2で紹介したお話をして下さった先生でしたので、ショックはとても大きいものです。

詳しくは幼稚園選び・その2を読んで頂きたいと思いますが、親として、小さな子供を集団生活に預ける事や、その預ける幼稚園に対してなど、様々な不安な思いをもっていましたところ、F先生の一言は全てを払拭してくれる安心感がありました。
実際に未就学児クラスに入園し、クラス担任としてお世話頂いてからは、いつもあーちゃの事を「手がかからなくてしっかりした良い子ですよ。」と褒めて頂き、私に自信を与えてくださいました。

最後にお会いしたのは3月の預かり保育のお迎えに行った時だと思いますが、いつものように優しい笑顔でした。
その後、ちびラ~ずが風邪を引いた事でしばらく預かり保育をお休みしていたので、4月の預かり保育でF先生とお会いしなかったのは単純に先生方のシフトの都合かと思っていましたし、今年度も担任ではないにしろ幼稚園に行けば、預かり保育や延長保育をお願いすれば、ふくよかな姿と安心感を与えてくれる笑顔で迎えて下さると思っていました。
本当に優しくて、時に厳しい「本当の」おばあちゃまの様なF先生。
1年間という短い間でしたが、ちびラ~ずにとっては何より大事な「最初の1年間」を受け持って頂けた事はとても良い出会いをさせていただいたと思います。

最後にF先生のご冥福をお祈りして、感謝の言葉に代えたいと思います。

2007年4月6日

2007.04.07.10:33

とうとう来ましたね、この日が。
在園児の始業式です。
今日からちびラ~ずは「年少組」になります。
来週になると、3年保育で入園してくる新入園生と一緒に新学期が始まりますが、今日は今までのお友達が何組になるのか、担任の先生は誰になるのか、子供たちだけでなく親の方もドキドキ・ワクワクです。

朝、いつもの通りにバス乗り場まで行くと、ゆうき君と一緒に小学一年生のしんや君が!
やはり幼稚園生と小学生では随分違います。
しゅうご君もやって来て、この間までとは一人少ない「行って来ます」でした。

午後、子供たちがバスから降りてきました。
年少さんは今年3クラスなので、今までこのバスから乗って行くみんなとクラスが分かれてしまうかと思いましたが、あーちゃとしゅうご君、ぴーちゃとしょうた君がそれぞれ同じクラスになりました。
クラスの名称は果物の名前です。
家に帰ってプリントを見ると、担任の先生も判り、クラス名簿で他のお友達も確認する事が出来たので、ホッと一安心です。

来週からそれぞれ新クラスでの幼稚園生活が始まります。

2007年4月2・3・4・5日

2007.04.07.10:10

久々預かり保育再開です。
4月に入り、各先生方もそれぞれ新学期の準備に追われているようで、新しい教室にお引越ししているようです。

2007年3月24・25・26・27・28・29・30日

2007.04.07.10:04

タイトルの日付を見て頂ければ判るかと思いますが、一週間熱が続きました。
途中再び病院にも行きましたが、肺炎のような雑音はしていないし、喉の赤みも褪めかけているという事で、いつもより少し強めのお薬を貰って帰ってきました。
まぁ何しろ、ちびラ~ずが同時に風邪(というか具合が悪い)という現象は初めてなので、大変でした。
しかも何より辛かったのは、ちびラ~ず発病の翌日には私にも風邪がうつっていて、風邪引いた母が風邪引いた双子の看病をするという事態に陥った事です。

今振り返ってこんな事を言うのは何ですが、ちょっと面白いなぁって思っちゃった事があって、多分同じ風邪がうつったんでしょうけど、あーちゃは38℃前後のねつがずぅ~っと続いた一週間だったのに比べ、ぴーちゃは何故か二日38℃前後の熱が出た後、一日37℃以下まで熱が下がるということを3回繰り返していたのです。
双子なのに症状がまるで違うなんて~~。
まさか違う病気に感染していたなんて・・・事は無いとは思うんですけど。
23日の金曜日に発病して、30日の金曜日にやっと平熱に安定したという一週間でした。
(この日も熱が出てたら再び小児科に行く事になっていたのです)
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。