スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年1月7・8日

2008.01.08.11:38

今日は今年最初の“えいご”の日でもあり、ちびラ~ずの“お箸デビュー”の日でもあります。
昨日購入したお箸を、お弁当に持たせる事にしました。
今までちびラ~ずは、「お箸をお弁当に持って行く」事を口にしませんでした。
もちろんお友達がお箸持って来ている事は、話してくれていました。
ところが、一向に自分が持って行きたいとは言わない。
家では(朝は洋食なので使いませんが)バネ式箸と子供用竹箸、両方を使ったり使わなかったりなのですが、やはり上手く使えない時も多くて、イライラしていたりする事もしばしば。
元々完璧主義的なところ(特にぴーちゃが)があり、「ちゃんと使えないのにお箸持って行きたくない」という気持ちもあったのでしょう。
昨年末、担任の先生との面接で「お友達も随分お箸持ってくるようになってますよ」と聞いたので、早速お弁当用お箸を購入すると、それはそれで嬉しかったようで、やっと「お箸持って行くんだ~」と言う声が出ました。
すると朝、預かり保育担当の先生にあーちゃが「今日お弁当お箸なんだよ」と話しています。
なぁんだ、そんなに嬉しかったんだったら、もっと早く「お箸持って行きたい」って言えばいいのにぃ~と、思ってしまいました。

夕方お迎えに行く時間、少し強い雨が降っていて、今日は父も一緒なので車で迎えに行くことにしました。
お迎えに行くと、先生が「今日二人とも、上手にお箸を使ってお弁当食べていましたよ」とお話して下さいました。
おぉ、これなら明日以降も大丈夫そうだね。
多分1日目で挫けていたら、「明日からお箸いらない」って言いそうだもの。
父が車で待っているからねと話すとあーちゃは、「ご飯食べに行くの?」と聞いてきます。
いや、確かに年末にそんな事が1度ありましたが、早々外食ばかり出来ないです。
すると「じゃあお買い物行くの?」と聞いてきますが、母はそんなにお買い物ばかり行かないです。
普通に家に帰って、普通にご飯だよと話すと、なぜか腑に落ちない表情。
そんなぁ。
ちょうど2歳児クラスのゆうなちゃんのママがお迎えに来て、「(ゆうなちゃん)泣いてなかった?あーちゃとぴーちゃが一緒に仲良く遊んでくれた?」と聞かれ、張り切って「うん!」と答えていたちびラ~ずですが、母としては本当に年下の子たちとも仲良く遊んであげているのかなぁ~と少し不安。
君たちちゃんと“お姉ちゃん”出来ているのかなぁ?
帰りに車が待っている事もあって、今日は傘を持って来ました。
ちびラ~ずはそれが嬉しかったらしく、張り切って傘を差して園舎から階段を下りて行きますが、途中あと少しの所でぴーちゃが滑って転んでしまいました。
2・3段踏み外して、“ベチャ”って感じに転んだのに、ぴーちゃは泣かずに「痛いよう、冷たいよう」と呟いてはいましたが、歩いています。
普段だったら泣き出しても当然だと思っていたので、むしろ母のほうが焦ってしまって「ぴーちゃ、大丈夫?大丈夫?」と声をかけますが、ぴーちゃはしっかりと歩いています。
もちろん車に戻った時は、ムギュ~とハグして褒めてやりました。
やっぱり少しずつだけど、お姉ちゃんになっているんだね。

翌日。
今日が冬休みの預かり保育最後の日。
また明日からバス通園の早起き生活が始まるのですが、その起床時間よりも45分も晩く起きている割にグズグズしているなんて・・・思いやられます。
朝の仕度が終わり、預かり保育に出かけようとするエレベーターの中で早くも揉め事が。
今日は“燃えるごみ”日だったのですが、そのゴミをあーちゃとぴーちゃ、どちらが持っていくかで揉めていました。
そのうちゴミ袋を押し倒す遊びにシフトしてしまい、母の怒りは炸裂!
「あなた達が遊んでいて、もしゴミ袋が破れて中のゴミが出ちゃったら、マンションのおじちゃんとおばちゃんがお掃除しなきゃいけなくなって、迷惑かけちゃうんだよ!」と、強い口調で言いました。
いつもご挨拶(というか話の相手)をしてくれている、マンションの管理人のおじさんとお掃除のおばさんに迷惑がかかると言われると、サッと止めたちびラ~ず。
しかしぴーちゃは止めただけでなく、落ち込んでしまいました。
普段ならゴミ置き場まで行っておじさんとおばさんに挨拶するのが楽しみなのに、玄関先で立ち止まり、気にして来てくれたおばさんに話しかけられるとたまらず泣き出してしまいました。
ハンドタオルを持たせて何とか気持ちを落ち着かせ、幼稚園までGO!
園内に入ると、1階のお教室では先生方とたくさんの紙袋のお荷物が。
あ、今日は新入園生のお揃い服や文具の受け渡しと説明会の日なのね。
思わず2年前の事が頭を過ぎって何とも言えない気持ちになりました。
4月になれば、ちびラ~ずも年中さん。
もう本当にお姉さんの立場になるんですねぇ。
・・・なんて感慨に耽っていたら、ぴーちゃが親と別れるご挨拶もせず「おかぁさん、おか~さ~ん」と泣きべそで抱きついてきます、やれやれ。
多分ゴミ出しで怒られた気分がぶり返してしまったのでしょう。
先生に簡単に説明して、ハグして宥めていましたが、埒が明かないようです。
年配の先生が察して引き離しにかかってくれました。
しかしぴーちゃは「おかぁ~さんがいいよぉ~」と、泣きながら先生の腕を逃れようと必死です。
ここは心を鬼にして、先生にお任せして園を後にします。
一緒に送りに来ていた父に「(こういう事は)よくあるの?」と聞かれたので、稀にある事とぴーちゃの場合、その原因が予測できない時にもこういうことがあると説明しました。
そう、ぴーちゃは理由もなく突然にブルーになったりする子なのです。

家に戻る前にコーヒーショップに寄り、朝食兼気分を落ち着かせていると、幼稚園から携帯に電話が。
さっきの年配の先生が“お母さん心配してらっしゃるようだから”と気をきかせて電話して下さったのです。
あの後、先生がぴーちゃとお話してくれて、朝ぴーちゃが「おうちでママに怒られて泣いちゃった」事を話したそうで、今は朝の仕度をしたりして落ち着いたそうなので、安心して下さいとおっしゃってました。
わぁ~、ちゃんと先生に朝の出来事を説明して、自分の気持ちを説明できるようになったんだぁ。
すごい成長、びっくりしました。
頑張ったね、ぴーちゃ。

夕方お迎えに行くと、みんな幼稚園のホールで走り回って遊んでいます。
先生が呼び戻してくれるとあーちゃがやって来ましたが、その後を仲良しのはなちゃんが「あーちゃ、お片付けは?」とついて来ました。
あーちゃに「お片付けしてくるまで待ってるよ」と声をかけると、嫌そうな顔をしながら近づいてきました。
あ、片付けサボろうとしてる。
それを誤魔化すかのように「今日は車?」と、あーちゃは聞いてきます。
そんな毎日送迎車は出ません。
ぴーちゃもすっかり機嫌が戻っているようでしたが、「今日もマグロが食べたいなぁ~」と言っていたので「毎日マグロばかりは食べられません」と返すと不機嫌に。
先生が「やっぱり色々食べないと元気になれないよ。プリキュアだって色々ご飯を食べていると思うよ」と諭してくれましたが、効き目なし。
それでも今日の夕飯はおでんだよと言うと「え、本当?」と気分が変わったようです。
しかしその後、オシリが痛いと言うのでトイレに行ったらと進めても拒否するし、家に帰ったら何事も無かったようにその話は出なくなるし、ぴーちゃは不安定な一日でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2008.01.08.22:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。