スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みゃん太君、危篤

2008.02.12.00:29

先週金曜日に具合が悪くなったみゃん太君。
その時は右前足が付けず、レントゲンを撮った結果、右腕付け根に腫瘍の様な影があり、その影響だという事でした。
ところが、月曜夕方から行動に異常が見られるようになり、すぐにいつもお世話になっている動物病院へ連れて行く事になりました。

1年半前から原因不明の慢性鼻炎(副鼻腔炎)に悩まされ、投薬を続けていました。
その少し前からは、急に老け込んだように動きがなくなっていたので、「みゃんちゃんも年を取っちゃったねぇ」なんて言っていたものです。
それでも昨年秋、新入りのみぃ太君がやって来てからのみゃん太は、みぃ太を尻尾で遊ばせてやったり、若い猫に刺激されて随分若返ったように見えていました。
最近では、今まで数年間見向きもしなかった猫のおもちゃで遊ぶようにもなっていました。

動物病院に連れて行き、先生に診てもらったところ、腎不全、それもかなり重度ですでに意識は朦朧として、動きも徘徊している状態、という事でした。
出来るだけの処置はし、経過を見るために病院でしばらく過ごし、やはりいい状態ではない、覚悟をしたほうがいいという事になりました。
しかし、私は病院に連れて行く前のみゃん太の行動を見ていて、既に覚悟は出来ていました。
というのも、前にいた猫―ちびラ~ずを妊娠する少し前にいた猫・ちょこ(メス)が同じ腎不全で、尿毒症がひどくなって無くしているので、その症状が判っていたのです。

みゃん太はもう、おかあさんの声が判らない状態です。
病院のケージの中で、しきりに壁に向かって右前足で壁を掻き、動けない身体でグルグルと円を描いて歩こうとします。

今、できるだけの処置をしてもらって、病院でみゃん太は頑張っています。
獣医さんは、もう16年の付き合いで、友人でもあり、私が兄のように思っている先生なので、「あとは預かるから。(子供たちもいるし)帰っていいよ」と言ってくれました。
でも、明日の朝、また会えるかどうか、正直確信は私にも先生にも無い状態です。

みゃんちゃん、辛くなったら無理して頑張らなくてもいいから。
でもおかあさんは、もう一回、声が届かなくても、みゃんちゃんと会いたいよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。