スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月19・20・21日

2008.07.25.02:08

さぁ、3連休、何しよう。
今年の「移動動物園」で、やっとミニウサギが抱っこできるようになったちびラ~ず。
それもあって、動物園に行ってみようかと父と相談していました。

土曜日の今日は、あまりの暑さを考えて、近くのデパートへ行くことになったようで、父とちびラ~ずは出かけて行きました。
しばらく経ってから、父から携帯に電話が。
偶然、しゅうご君&ママと会ってちびラ~ずが一緒に遊んでいる事と、あーちゃが「お腹すいたぁ~」とごね出したという話。
そこで、しゅうご君たちを誘って、デパートレストランでお昼ご飯にしようということになりました。
母は仕度が出来次第、デパートに向かいます。
デパートで合流して、レストランに。
ちびラ~ずはいつもの“お子様ホットケーキセット”、しゅうご君は“お子様ラーメンセット”。
みんなおもちゃ付きだし、一緒に外でご飯ということもあってハシャギまくり。
楽しいお昼でした。
その後、市役所の前にある公園に移動。
走り回ったり、噴水の周りで遊んだりと楽しみました。
そして(同じマンションなので)家に帰って来ました。
う~ん、今日はよく遊んだね。

日曜日は、念願の動物園に。
横浜にある「野毛山動物園」に行きました。
昔に比べると動物たちも少なくなってしまいましたが、昔風の、動物までの距離が近い動物園です。
“ゾウ・フリーク”のぴーちゃには、ゾウがいない動物園は少し物足りないのかもしれませんが、キリンやシマウマ、ライオンなどの大きな動物や、ペンギンやレッサーパンダなどのかわいい動物もいますから、それなりに楽しんでいるようです。
ただ、オリの前で動物を確認して「ハイ、見た!」みたいな感じで次から次へと進んでしまうちびラ~ずに、父と母は少し違和感。
もっとゆっくり見たいよぉ~。
一番時間をかけたのが、“ふれあいコーナー”。
ヒヨコやハツカネズミ、モルモットなどを抱っこしたりできるコーナーだったのですが、それもぴーちゃだけ。
あーちゃは触るのも抱っこもイヤ!という雰囲気でした。
それに比べてぴーちゃのほうは、先日のミニウサギ抱っこで自信がついたのか、モルモットが気に入ったのか、「次はこの白いの。次はこの大きいのね」というように、とっかえひっかえ膝に乗せて、撫でていました。
この動物園では、モルモット抱っこ用(モルモットの下にひく)のミニ座布団が置いてあるので、馴染み易かったのかもしれません。
動物園の後はみなとみらいまで出て、お昼にお蕎麦を食べました。
その時気がついたのですが、みなとみらいは今日、花火大会だったのですね。
もともと観光地で人は多いのですが、今日は浴衣姿の人が目立ちます。
お昼ご飯を食べた後は、「観覧車に乗りた~い!」というちびラ~ずの要望により、“コスモクロック21”に乗りに行きました。
母はこれ、19年ぶりですよ、乗ったの。
19年前、まだ今の場所よりも少し桜木町駅に近い場所にあった“コスモクロック21”は、横浜博(横浜博覧会・1989年)の目玉の一つで、友人と行った母は、夕暮れの横浜で観覧車に乗ったのでした。
今日は日中でしたが、恐ろしく暑いこの頃の気候の中、クーラーが効いた観覧車のゴンドラの中は涼しくて、居心地がよかったです。
そして上から見ていて父が思いついた、“帰りはシーバスで横浜駅に”プランを実行!
花火大会があるせいで、皆みなとみらいに向かって来るようで、シーバスもかなり空いています。
ちびラ~ずは、生まれて初めての“船体験”です。
シーバスを降り、横浜そごうで夕飯の買い物をして、家路に着きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。