スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年8月18・19・20・21日

2008.08.19.07:31

今日からちびラ~ずのチャレンジが始まります。
大阪のおじいちゃん・おばあちゃんのおうちに、遊びに行きます。
父といっしょに。
私は、体調のこともあり、猫と一緒にお留守番。
ちびラ~ずは当然、母と離れて過ごすのは初めてです。
どうなることやら・・・。

今回の移動は、新幹線。
こちらに遊びに来ていた健三おじさんと父とでちびラ~ずを連れて行きます。
もちろん母は、新横浜までお見送り。
大阪に“お出かけ”なので、家を出るときからはしゃいでいたちびラ~ずですが、新横浜までの移動すら飽きてしまったようで、途中から“ダルダル”に。
やっと新横浜駅に着き、JR在来線側の売店でお弁当を買いました。
ちびラ~ずは昨年末の浜松行きで、「電車の中でお弁当を食べる」が気に入ってしまったらしく、ず~っと“お弁当”を気にしてたんです。
本当に食いしん坊。
さて、新幹線側の駅構内に移動し、待合室で母が荷物を見ている間、父や健三おじさん、ちびラ~ずは車内で飲むお茶やジュースを買いに行きました。
しばらく待っていると父たちが戻ってきて、あーちゃが私に「ジュース開けて」とねだります。
ジュースの口を開けていると・・・あら?何だか一人足りない。
遥か彼方から泣き声に混じって「パパァー、パァパァァ~」と、叫んでいる迷子がいるなぁなんて頭の片隅で感じていたんですが、まさかそれがうちの子だとは!
慌てて父に「ぴーちゃがいない!」と言うと、父も健三おじさんも「ハッ!」として、急いで迎えにいきました。
案の定、それまで「パパァ~」と叫んでいた声はピタリと止まり、泣きべそ顔のぴーちゃが戻って来ました。
それをみたあーちゃが「誰が悪いの?」と言います。
父は「ごめん、パパが悪かったね」と平謝り。
戻って来たぴーちゃを抱っこしてジュースを渡してやると、ぴーちゃ本人はさほど気にしていないようで、もうニッコリ。
ホームに移動してから、少しぴーちゃがごねて「ママは?ママは?」と抱きついていましたが、新幹線に乗ることになった途端、気にする様子もなく乗り込んで行ってしまいました。

しばらくは、母もお休みさせて頂きます。


四日後、戻ってくる新横浜駅に、ちびラ~ずと父を迎えに行きます。
ホームに降り立ったちびラ~ずは、とっても元気そう。
この四日間、特に電話も無かったので、心配することも無かったようです。
が、父曰く、あーちゃは母の顔を見た途端、グズグズと母に文句を言い出し、ごね始めたそうです。
それまでの新幹線の中では、上機嫌だったはずなのに。
それで父は悟ったそうです。
あーちゃは普段、自分の不満などをグズって母にぶつけて、自分のストレス解消をしているんだなぁ、と。
ぴーちゃはぴーちゃで、俯いたまま動きません。
お口が“映画「となりのトトロ」のメイちゃんの怒られた時の三角口”のまま、俯いています。
何度も話しかけると、無言のまま“プリキュアお出かけバッグ”の中から何かを取り出します。
前夜、おじいちゃんに連れて行ってもらった「くら寿司」のおもちゃを取り出して、母に「ん!」と渡します。
私が「あら、お寿司屋さんで貰ったのね。良いの貰ったねぇ」と話しかけると、やっと笑顔で抱きついて来ました。
ぴーちゃは、久しぶりに会った母に照れているようです。
“ちびラ~ず、それぞれの夏”だったようですね。
帰りの電車の中で疲れてしまったようで、ずっと父・母に抱っこしてもらいながら寝ていましたが、家のある駅に着くとそれはそれで安心したようで、あーちゃは張り切って、ぴーちゃは母に甘えたまま抱っこで家に向かいました。




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。