スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月16日

2010.03.17.15:31

4年間の長くも短かかった幼稚園生活が、終わりかけています。
今日は「修了証書授与式」つまり“卒園式”です。
朝、父も何とか休みが取れて間に合い、ちびラ~ずはお揃い服を着て、父と母もスーツ着用で、いつもおゆうぎ会などで使っている文化会館に向かいます。
ただし今日は中ホールですが。

少し早めの時間に文化会館のある丘を登っていく途中で、地元のおばあちゃんたちが「おめでとうね~」と声をかけて下さいます。
「なんで卒園式って判るのかな」というあーちゃに「みんなでこんな格好をして歩いていれば判って当然じゃない?」と答えました。
きっと地元の方々ですから、毎年の事なんでしょうねぇ。

文化会館に着くと、まだ少し早かったようで数人しか来ていませんでしたが、それでもお友達を見つけて走り出したちびラ~ず。
もうどこへ行ったか判りません。
そのうち少しずつお友達が集まってくると、先生方の準備も出来たようで、少しずつ受付に向かう列ができてきました。
二人にも声をかけて受付を済ませると、トイレを済ませてからいったんお別れです。
子供たちは中ホールを仕切った後ろ側―展示室でクラス毎に別れて準備をします。
親は会場の保護者席で、子供たちの準備が出来るまで待っています。
準備ができると、卒園児たちが入場してきます。
もう最後になる“幼稚園の園歌”を歌い、いよいよ「修了証書の授与」が始まりました。
名前を呼ばれた園児の保護者はその場で立つ事になっているんです。
・・・が、なんとぴーちゃが一番。
これは、後で行われる「卒園児から幼稚園への記念品贈呈」の代表の一人としてステージ上に上がるからで、代表の中でのあいうえお順となると、ぴーちゃが一番になるのです。
一番・・・という事は、修了証書を唯一読んで貰える子ということじゃないですか。
それはすごい、良かったねぴーちゃ。
ところが、園長先生がぴーちゃの名前を間違えてしまうというハプニングも。
後で園長先生が「ごめんねぇ、間違えないように気をつけなくっちゃって思っていたらつい・・・」って、謝ってくれました。
ありますよねぇ、間違えちゃいけないと思うと間違ったほうをしてしまう事。
これはこれで良い思い出です。
卒園児は、修了証書と卒園記念品の国語辞書を園長先生から頂くと、ステージ下手の先生が待機している所まで行くと、記念品を預かってもらい、修了証書を高々と掲げ、「大きくなったら何になりたいか」か「幼稚園で一番楽しかった事」を発表してもらう事になっているのですが、ぴーちゃは「幼稚園で一番楽しかった事」を言うそうで、「おゆうぎ会でダンスをしたこと」ですって。
そして園児一人ずつ名前を呼ばれ、修了証書を園長先生から戴き、証書を見てもらった後に自分の発表をしていきます。
男の子だと「大きくなったら」サッカー選手になりたい子やスキーの選手になりたい子が多かったですが、女の子はアイドルやモデルになりたかったり、フィギュアスケートの選手になりたい子がいました。
さすがオリンピック・イヤー、みんなテレビで見ていたんでしょうね。
「幼稚園で楽しかった事」になると、男の子も女の子もおゆうぎ会だったり縄跳びだったり、ちょっきんぺたぺたなどの日常的な保育内容が主でした。
ぴーちゃのクラスがまず呼ばれ、その次は別のクラス、最後にあーちゃのクラスです。
あーちゃも修了証書を園長先生から戴き、「幼稚園で一番楽しかった事」は“ちょっきんぺたぺた”だそうです。
その後は園長先生のお話があり、卒園児から幼稚園への記念品贈呈です。
今まで、あーちゃは3回も代表になっていたのですが、ぴーちゃは一度もなし。
実は意外と気にしていたのです。
でも、地声が大きくてハキハキ喋るあーちゃに比べて、どうしてもぴーちゃは口をモゴモゴさせ気味。
しかも新型インフルエンザの影響で、合同お誕生日会もなかなか開かれなかったので、今年はどうなるんだろう?とやきもきしていたところです。
大勢の子供たちがステージ上に上がり、記念品の目録を読み上げました。
ぴーちゃも一番先頭に立ち、晴れやかな表情でお話していました。
そして来賓でいらした、理事や小学校の校長先生のお話があって、卒園児の思い出の曲・おゆうぎ会のミュージカルの歌「ともだちのあかし」を合唱です。
歌詞に“おおきくなっても ともだちさ  ずっとずっとずっとー  ずっとずっとずっとー  ともだちさ”とあるのですが、お隣に座っていらした園児のおばあちゃまが、ハンカチでそっと目頭を押さえていました。
このまま、一緒に小学校に上がるお友達。
違う小学校だけど、中学生になったらまた会えるお友達。
もうなかなか会う機会がなくなるお友達。
様々だと思います。
でも、“はなればなれにくらしても おおきくなっても ずっとずっとともだち”
色んな事があったけど、忘れないで。
みんな、友達だった事。


最後に、園児一人ひとりが先生方にお花を渡して、卒園式は終わりました。
それぞれの保護者が加わったクラス写真を撮影して、本当の終わりです。
ちびラ~ずは待ちきれないように会場を飛び出し、お友達とお話しに行ってしまいました。
担任の先生以外に、それぞれ準備していたお手紙をお目当ての先生に渡して、子供たちを呼んできては写真を撮ってもらいもしました。
この時、それまで楽しそうにしていたあーちゃが、大好きな年中の時の担任の先生のところに行って写真を撮ってもらおうとした時、いきなり号泣しだして先生も親もすごく驚いてしまったというハプニングもありましたが。
何とか、無事、卒園です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
2003年より双子の母やってます。

お知らせ
まずはこのblogを楽しみにして下さる方々にお礼申しあげます。 しばらく体調不良が続き、途中日記が途切れている個所があります。 下書きのみでupされていないこともありますが、過去に戻って書き込むこともあるかもしれません。 今後体調により、更新が進まない可能性もありますので、あらかじめお詫び申し上げておきますm(_ _ )m
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。